“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第501回】

財務省職員自殺も「大したことない」、芸能人とイベント三昧――日本の政権を握る恐ろしい夫妻

2020/03/31 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)

米倉涼子の事務所独立

 そんな「女性セブン」がもうひとつのスクープを。それがオスカープロモーションの大女優・米倉涼子の3月いっぱいでの事務所独立だ。記事によるとその理由は米倉と事務所の方向性の違いだという。米倉自身はもっと海外進出したいが、事務所は国内志向。さらに、主演ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)シリーズは、イメージがつきすぎるという米倉の危惧を事務所はスルー。テレ朝以外のオファーを事務所が勝手に断ったこともあったらしい。

 また米倉独立に関し、同日発売の「週刊新潮」(新潮社)も記事にしているが、そこにはオスカー社長で米倉の育ての親である古賀誠一氏が会長に退くこと、そして後任の娘婿との確執も独立の理由として指摘されている。

 2誌が取材に動くなか、発売前にオスカーは米倉独立を公表したが、それもまあ“お約束”(笑)。そして「セブン」もまた “お約束”のように独立タレントに“収入減”や“一定期間の芸能界活動休止ペナルティ”などのデメリットを指摘、日本の芸能事務所システムを、こう擁護している。

「素人時代から膨大なお金と時間をかけて成長させたのに、ようやく稼げるようになった途端に独立されたら、経営がまったく成り立たない」

 独立後の米倉が“芸能界の掟”を突破できるか否か、注目だ。

 大きな衝撃だった志村けんのコロナウイルス感染での死去。「女性自身」ではその一報は間に合わなかったが、志村の闘病や出演予定だった朝ドラの影響を報じている。そこには一枚の写真が。志村が2月28日、都内のいきつけのスパに向かう姿だ。黒いマスクをして歩く志村。それから1カ月もたたず亡くなってしまうとは誰が想像しただろう。この志村の姿を見ると、この感染症の恐ろしさをまざまざと思い知らされる。

神林広恵(かんばやし・ひろえ)

神林広恵(かんばやし・ひろえ)

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」(噂の真相)の元デスク。著書に『噂の女』(幻冬舎)、共著に『日本を脅かす! 原発の深い闇』、『木嶋佳苗 法廷証言』(共に宝島SUGOI文庫)などがある。

記事一覧

最終更新:2020/03/31 21:06
安倍昭恵の日本のおいしいものを届けたい! 私がUZUを始めた理由 / 安倍 昭恵 著
いつまで続くのか……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

財務省職員自殺も「大したことない」、芸能人とイベント三昧――日本の政権を握る恐ろしい夫妻のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL