“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第500回】

嵐の新国立競技場ライブに好意的な「女性自身」、コロナ問題の最中でもジャニーズ忖度!?

2020/03/24 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)
「女性自身」4月7日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 森友問題の決裁文書改ざんを強要され自殺した近畿財務局職員・赤木俊夫さん。彼の遺した手記が大きな反響を呼んでいる。原因を作った張本人である安倍晋三首相は再調査を拒否。しかし、これまでの安倍首相を見ればそれも驚かない、というところが、この政権のヤバさである。

第500回(3/19〜3/24発売号より)
1位「嵐 新国立競技場ライブ決行へ苦渋の決意『ファン16万人に感謝を!』」(「女性自身」4月7日号)
2位「拝啓 安倍晋三サマ『一刻も早くお辞めになってください』」(「週刊女性」4月7日号)
3位「米倉涼子 『国境封鎖』に阻まれた『ダンサー恋人との再会』」(「女性自身」4月7日号)
※「女性セブン」は合併号休み

 世の中、新型コロナウイルス騒動一色だが、女性週刊誌の芸能記事でさえ、コロナに関連したものがかなり多くなっている。まあ、仕方ない。そんなご時世だ。そんな中、驚きの発表が。5月15・16日に、嵐のコンサート『アラフェス 2020 at 新国立競技場』が開催されるというのだ。

 そうなんだよね。今年は嵐の活動休止前の“ラストイヤー”であり、さまざまなイベント・企画が行われる“はず”だった。しかも嵐は東京五輪の「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任している。ラストイヤーを華々しく飾り、有終の美を迎えるはずだった嵐。しかし現在のコロナの世界的感染拡大で、この1年の動向は不透明に。もちろんこの5月のコンサート開催も危ぶまれていたが、決行されることになったようだ。

 ファンからは歓迎の声も多いが、本当に実現は可能なのだろうか。なにしろ2日間で約16万人の動員だという。先日には、さいたまスーパーアリーナで『K-1 WORLD GP』が開催され、その賛否を含め大きな話題となっていたが、この際の動員人数は6,500人。テレビ映像を見るとかなりの人数が“密集”していた。なのに『アラフェス』は1日最大で8万人が収容可能の新国立競技場――。来場者を絞るにしても、これから約1カ月ちょい後、数万人の人々が全国から新国立競技場に集まり、公共機関を使って帰路につく。現在の状況に鑑みると狂気の沙汰ではないのか。

 もちろんイベント開催側の問題だけではない。政府は大規模イベントの自粛を訴えているが、しかし、これはあくまで「自粛」であり、その判断や責任はイベント主催者に丸投げ。しかも主催者が自己判断で自粛したとしても、その損害への補償もない。

 いくらラストイヤーで大切な時期とはいえ、8万人は無謀すぎる。東京五輪でさえも“延期”と言われているのに。そしてこれを報じる「女性自身」も腰砕けだ。というのも「自身」は、コロナの感染が拡大する中、安倍政権批判などこの問題をまっとうに報じていたが、今回の嵐コンサート開催にはかなり前向き、好意的だから。例えばコンサートの開かれる新国際競技場は“比較的条件がいい”として、危機管理に詳しい専門家にこんな解説をさせている。

「密閉されたライブハウス等とは異なり、新国立競技場は屋外施設。屋根に覆われている部分もあるとはいえ、風が抜ける構造で換気もしっかり行われますから集団感染リスクは下がると考えられます」

 だとしても数万人が全国から移動して集まってくる。こんな時に、こんな問題でもジャニーズに忖度するのかと「自身」に呆れた。いっそ、嵐の活動休止も“延期”を検討すればいいのに。 

嵐ARASHI Chronicle2010→2020
先が見えないコロナ問題

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

嵐の新国立競技場ライブに好意的な「女性自身」、コロナ問題の最中でもジャニーズ忖度!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!