『ザ・ノンフィクション』レビュー

『ザ・ノンフィクション』日光さる軍団で働く新人1年生「就職先はさる軍団 ~師匠と弟子と新入社員~」

2020/03/23 19:48
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。3月22日の放送は「就職先はさる軍団 ~師匠と弟子と新入社員~」。

『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)公式サイトより

あらすじ

 猿と家族同然に過ごし、師匠から弟子へ受け継がれてきた伝統のスタイルも今や昔。「日光さる軍団劇場」を運営する株式会社モンキーエンタープライズは、週休2日と働き方改革に対応している。2019年春に7人の新入社員が入るが、早々に2人脱落していた。

 新入社員は同社のボスでもあり、“反省ザル”次郎と共に一世を風靡した村崎太郎氏を怖がっている。週2回、会社で行われる宴会では、酔った太郎のご高説を、固まった表情で聞く。20歳すぎの彼ら彼女らはテレビ出演も多かった反省ザルの頃の太郎を知らない。

 一方で、そんな新入社員を指導する41歳のゆりあも苦労する。ゆりあ自身は、しごかれ、泣けばそれをさらに厳しく叱責されるという厳しい環境下で芸を磨いてきた。しかし、伝統芸を受け継ぐというより、会社に入社する感覚の今の若手社員に、これまでのやり方が通じないことも理解している。模索しながらの指導が続くも、ゆりあの情熱は徐々に新入社員に伝わっていく。

 新入社員の一人、夢子は猿回しについて「稽古で10割(猿が)できても舞台では6割」と、動物芸ならではの難しさを話す。入社から約1年後、新入社員のお披露目の場となる新人公演が始まるが……。

頑張っても報われるとは限らない仕事

 今回は、働く大人が忘れかけそうな“初々しさ”を思い出させてくれる良回だった。日光さる軍団に新入社員で入った、面倒を避けたがる覇気に欠ける若者たちが、1年をかけて仕事に情熱を注ぐ社会人のキリッとした顔つきに変わっていく。

 新入社員の一人、吉澤は人との交流が苦手で、観光牧場への就職を希望していたがかなわず、さる軍団の「飼育係」希望で入社した。週末に一人でゲームをするのが楽しみな今どきの青年だったが、ゆりあの指導で火がつき、休日も稽古に勤しむようになる。

 新人公演の日は、吉澤の両親も遠方から駆けつけた。しかし、ほかの新入社員が猿を連れて並ぶ中、吉澤のパートナーである猿のなごみちゃんだけは満員の客席にパニックになってしまう。当たり前だが猿にも性格があり、なごみちゃんは臆病なのだ。あわてふためく様子を愛嬌だと笑っていた客も、それが数分続けばざわついてくる。

 吉澤のデビューは「何もできない」という非常にほろ苦いものとなった。公演を終え、肩を落とす吉澤を太郎は抱きしめ「悔しがれ、いっぱい悔しがれ、負けんなよ。お前自身に負けんなよ」 と太郎自身も涙する。頑張ったところで報われるとも限らないのが仕事だ。そもそも仕事に限らず人生のすべてが頑張ったから報われるとは限らない。ツラく、しんどいことも多い。しかし、悔しいと思える機会すらない状態、諦めの日々をただ過ごすことのほうが「負け」なのではないかと、悔しがる吉澤の姿を見て感じた。

 なお、番組の最後では最近撮影された、吉澤となごみちゃんの猿回しの様子が流れた。なごみちゃんは見事に舞台でハードルの幅跳びをジャンプを決めて喝采を浴びていた。吉澤もなごみちゃんも負けなかったのだ。

愛猿奇縁
太郎さんは社員の前で酒を飲んじゃいけない人の典型だった……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

『ザ・ノンフィクション』日光さる軍団で働く新人1年生「就職先はさる軍団 ~師匠と弟子と新入社員~」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『ザ・ノンフィクション』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ