高橋ユキ【悪女の履歴書】

出刃包丁で143カ所ズタズタに――“うわさ話”に追い詰められた女の鬱屈【練馬・隣家主婦メッタ切り殺害事件:後編】

2020/03/21 17:00
高橋ユキ(たかはし・ゆき)

 昭和51年、1月28日。練馬区東大泉に暮らす主婦・佐藤明子さん(仮名・当時40)はパートから自宅に帰ったと同時に、隣人の青木友子(仮名・当時47)から出刃包丁で切りつけられた。顔と頭をひたすらに包丁で切りつけられ、頸動脈切断による出血多量で死亡。合計143カ所もの傷がつけられ、両手首は切断、顔は元の姿がわからないほど切り刻まれていた。

(前編はこちら)

D:5(写真ACより)

都営住宅に同年に入居、“普通”の隣人付き合いだった

 友子がこの都営住宅に家族と住み着いたのは昭和32年。夫は、通産省(当時)の工業技術院の課長で、当時21歳の長女を筆頭に、4人姉妹と共に暮らしていた。東京に生まれた友子の父親は早くに亡くなり、女手一つで育てられた。母親はマッサージや三味線を教えながら、友子を大妻女子専門学校へ通わせ、卒業後は千葉県市川市の中学校で教師となったが、1年ほどで退職する。職業訓練校でタイプを習い、工業技術院の採用試験に見事合格。ここで夫と出会い、結婚に至った。

「犯人の青木さんは、普段から口数が少なくておとなしい奥さんだったんですよ。まさかあんなことをするなんて……」

 近所の主婦たちは事件当時、こう口々に語っている。一方、被害者の明子さんは高校卒業後、生命保険会社に勤める夫と結婚し、のちに遺体の第一発見者となる長女を含む、子ども2人をもうけた。近所でも「都営小町」と呼ばれるほどの美人で明るい性格。PTAの役員を務めるなど地元の信頼も厚く、子どもも成績優秀で、家庭は至って円満であった。

 明子さん一家も、友子一家と同じく昭和32年に、この都営住宅に入居。以後、何もなく“普通”の隣人付き合いをしていた。途中の10年間を、明子さんの夫の転勤先である関西で過ごし、事件の3年前に戻ってきた。明子さんの長女と友子の末娘とは同じ学校の同級生でもあった。

「佐藤さんの奥さんは、おとなしくて几帳面で、きれいな方だけど控え目のいい奥さんです。殺されるほどの恨みを買う人とは思えませんよ」

 近所の主婦たちは、やはり口々にそう言った。ではなぜ、友子は隣家の主婦を殺害するまでの恨みを抱いたのか。

つけびの村

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

出刃包丁で143カ所ズタズタに――“うわさ話”に追い詰められた女の鬱屈【練馬・隣家主婦メッタ切り殺害事件:後編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書のニュースならサイゾーウーマンへ!