世間の関心は思うほど高くなかった……

『グッとラック!』“独占報道”も視聴率振るわず……立川志らくを“切れない”TBSの次なる打開策は?

2020/03/09 08:00
サイゾーウーマン編集部
【田】志らく2の画像1
『グッとラック!』(TBS系)公式サイトより

 情報番組『グッとラック!』(TBS系)でMCを務める落語家・立川志らく。3月5日の生放送冒頭で、同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が“志らくの妻と弟子の不倫関係”を報じた件について自らコメントしたが、業界関係者は「番組の危機的状況が強調されただけ」と指摘する。

「『文春』は、志らくの妻で元アイドルの酒井莉加が、志らくの弟子と不倫関係にあると写真付きでスクープ。同誌記者は2月、酒井と弟子が車の中でキスやそれ以上の“行為”を繰り広げる現場も目撃したといいます。一方、2019年9月から『グッとラック!』の司会に起用されている志らくは、番組で『私は妻を信じております』とコメント。実は、志らくの所属事務所・ワタナベエンターテインメントがテレビ局などに“報道自粛”を要請しており、今回の『文春』報道をきちんと扱えた番組は『グッとラック!』くらいだったため、局側は報道を独占することで“視聴率アップ”につながるのではと期待していたとみられます」(スポーツ紙記者)

 というのも、『グッとラック!』は初回から平均視聴率2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とつまずき、以降も常に“視聴率不振”が取り沙汰されていた。

「今年に入ってからもその数字は壊滅的で、1月はほぼ2%台を推移。それが3月に入ってやっと、2日が3.4%、3日が3.0%、4日3.1%……と、ごく微増ながら持ち直していました。その流れで、5日は志らくの“独占コメント”を扱えたとあって注目が集まっていたのですが。結果は3.2%と、このところの通常回と変わらない低視聴率を記録しました。そもそも今回の報道は妻の不倫疑惑であって、志らく本人のスキャンダルではありません。取り扱いを禁止された他局にとっても『無理して扱うほどではない』というくらいのネタだった。『グッとラック!』の“独占報道”といえど、視聴率に反映するほどの効果はなかったようですね」(テレビ局関係者)

“身内スキャンダル”でも状況を変えられないことが浮き彫りになった『グッとラック!』だが、番組MCの志らくに責任を取らせることも難しいようだ。

「番組の視聴率が振るわないと、“打ち切り”の前に“テコ入れ”が行われ、司会者をチェンジするケースもあります。しかし、志らくは現在『グッとラック!』の司会をこなした後、続けて同局の『ひるおび!』にもコメンテーターとして出演しているため、簡単に“肩たたき”されるような立場ではないんです。そうなると、ほかの方法でテコ入れしないといけませんし、早ければ4月には何らかのリニューアルがあるのでは?」(同)

 TBSは、何か勝機を見いだせるのか――。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@cyzowoman

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/03/09 09:00
立川志らく一 文七元結/時そば
お弟子さんは大丈夫なのか……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『グッとラック!』“独占報道”も視聴率振るわず……立川志らくを“切れない”TBSの次なる打開策は?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報TBS男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ