[調味料使い切りレシピ]

調味料のプロが伝授「ホースラディッシュ」使い切りレシピ! キャベツ・ホタテだけで完成

2020/03/05 18:00
MICHIKO(みちこ)

 あれもこれもとつい買ってしまう調味料。新しい味覚にワクワクしたのに、気づけばお蔵入り……。そんな調味料をカンタンおいしく使い切る方法を、調味料ソムリエ/野菜ソムリエのMICHIKOが伝授! 今回は、ローストビーフの薬味でよく見る「ホースラディッシュ」の使い切り方法です。

ホースラディッシュとは?

淡い生成り色の西洋わさび

 ホースラディッシュは、直訳でホース(=馬)、ラディッシュ(=大根などの根)。直訳するとウマダイコン、つまりは生命力の強い根っこという意味でしょうか。和名は西洋わさび。別名にわさび大根、フランス語でレフォール。山わさびと呼ばれることもあります。肉料理との相性がよく、ローストビーフやステーキ、焼肉、ソーセージ等に、すりおろしたものをそのまま添えられているのは、よく目にしますね。

 ヨーロッパ原産の植物で紀元前より栽培され、当初は薬として用いられたようです。日本には明治時代にアメリカより伝わりましたが、あまり普及することがなく、北海道で野生化し、現在は栽培も盛んです。地元では白いご飯の上にのせて醤油をタラリ、生卵をのせると辛みと旨みがさらに引き立ちます。

 わさびの緑色とは違い、色は淡い生成り色。わさびのさわやかな香りというよりは、少し大根に似た香りがします。そのままだと辛みはあまりありませんが、すりおろすことで強い辛みが出て、ツーンと鼻をさすようなシャープな刺激と酸味が伝わってきます。この辛味は、わさびと同じアリル芥子油(アリルイソチオシアネート)という成分によるもので、抗菌作用があります。食パンの袋の中にホースラディッシュを塗布したものを入れておくと、カビを防止する効果が期待できる、といわれています。

 ホースラディッシュはチューブ入りの練りわさびや粉わさびの原料にもなっているようですよ。チューブタイプは冷蔵保存、粉タイプは密閉容器に入れて冷暗所で保存しましょう。生のものを使うときは食べる直前にすりおろしましょう。時間がたつと辛みは飛び、空気に触れると変色してしまいます。また、辛みは熱に弱いのでサッと加熱したり、わざと辛みを飛ばして風味を楽しむのもオススメです。

ホースラディッシュの使い切りレシピ:キャベツとホタテのシンプル辛味いため~包丁いらず!

キャベツも消費できます

 塩だけのシンプルな味付けだからこそ、素材の味とホースラディッシュの辛みが引き立ちます。炒めすぎないのがコツ! ひと口食べると、キャベツの甘み、ホタテのうま味、後味にさわやかな辛みが追いかけてきます。疲れているときに食べたい料理♪

 春キャベツが店頭に並ぶ時期ですね。丸い球形で、中は緑黄色。葉は巻きがゆるく、みずみずしく柔らかい。シャキシャキとした食感と甘みを楽しみましょう。ホタテは、旨み成分がギュッと詰まった高タンパク質で低脂質なヘルシー食材の一つです。

【材料】(2人分)
 キャベツ(春)  ・・・ 1╱4個
 ベビーほたて   ・・・ 120g(生食用)
 オリーブ油    ・・・ 適量
 酒        ・・・ 大さじ1
 塩        ・・・ 小さじ1╱4
 ホースラディシュ ・・・ 小さじ2(チューブ)好みで量を加減

S&B ホースラディッシュ 40g×10個
酒飲みならハマる一品!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

調味料のプロが伝授「ホースラディッシュ」使い切りレシピ! キャベツ・ホタテだけで完成のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 調味料使い切りレシピのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ