イギリスではよくあること?

ジャスティン・ティンバーレイク、「まだトラウマ」と告白――フェスのステージに投げ込まれた“あり得ないもの”

2020/02/19 19:44
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
ジャスティン・ティンバーレイク、出演したフェスで尿入りペットボトルを次々投げつけられた!?の画像1
きっとふたも空いてるんだよね

 歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイクが、声優を務めた新作アニメ映画『Trolls World Tour』のプロモーションのため、イギリスの人気トーク番組に出演。若かりしアイドル時代に、音楽フェスで観客から“あり得ないもの”を次々と投げつけられたことを告白し、ネット上で大きな話題となっている。

 2月14日に放送された英人気トーク番組『グラハム・ノートン・ショー』にゲスト出演したジャスティンは、ソロアーティストとして活動を始めて間もない2000年代初頭に出演したフェスについて回想。

 「チャリティの意味合いを持ったフェスだったんだよ。(ローリング・ストーンズの)ミック・ジャガーから電話をもらった。『ぜひパフォーマンスしてもらいたい』って。『もちろん』って即答したよ」「トロントで開催されたんだけど――平和的なイメージを持っていたカナダ人のいるね――当日、出演者のラインナップを見たら、ローリング・ストーンズにAC/DC、The Guess Who、Rushとかでさ。オレは絶対に浮くわけ」と、筋金入りのロックバンドばかりの中で、ポップ歌手の自分には場違いだと気づいたそう。

 「記憶があいまいだけど、自分の番が来た時(演奏)バンドに向かって『これ、絶対にスベるよ』って言ったのは覚えてる」「ステージに出てパフォーマンスを始めたら……50万人ほどの観客が集まる大規模なフェスで、その最前列と2列目から、尿入りのペットボトルが投げ込まれてきたわけ」と明かし、「オレって、いい思いばかりしてきたと思われてるけど、そんなことないんだよね」と苦笑いした。

 番組には、ジャスティンと一緒に『Trolls World Tour』で声優を務めたアナ・ケンドリック、プロダンサーのオティ・マブゼ、コメディアンのアラン・カーもゲスト出演しており、「えぇ? その尿って、その場で入れたもの?」「1列目と2列目だけのおしっこなの?」とジャスティンを質問攻めに。ジャスティンは落ち着いた口調で、「きみたちのその疑問、パフォーマンスしながらオレの頭の中でもぐるぐる回っていたよ」と述べ、「すごく動揺したけど、1曲目は自分が作詞した曲だったから、なんとか無事に歌い切ることができた」と語った。

 2曲目を披露する前、フェスの主催者が来て「もう終了しよう」というジェスチャーをしたそうだが、ジャスティンは「いや、オレはパフォーマンスを続ける」と主張。「最初の曲は、歌って踊りながら、尿ボトルをうまくかわしたんだよね。自分でも『やるな~』って感心したんだけど。でも2曲目は電子ピアノでの弾き語りで、『動けないじゃん。やばいじゃん』って思った。まぁ、ここでもうまくかわせたんだけど」と説明した。

イギリス
やっぱイギリス人はすげえわ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャスティン・ティンバーレイク、「まだトラウマ」と告白――フェスのステージに投げ込まれた“あり得ないもの”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブジャスティン・ティンバーレイクのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ