パーフェクトイヤーに水を差す?

鈴木おさむ、朗読劇にEXILEファンが非難轟々! 「当日に稽古」「完成度低すぎ」惨況のワケ

2020/02/18 19:54
サイゾーウーマン編集部

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

LDH BOOK ACT「ヒーローよ安らかに眠れ」2日目!ケイジくんチーム! いや、初日とパターン違って、これもすごい!最高でした!

鈴木おさむ 放送作家(@osamuchan_suzuki)がシェアした投稿 –

 放送作家・鈴木おさむがプチ炎上している。発端となったのは、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSらを擁するLDH主催の朗読劇「BOOK ACT」だ。

 2019年9月に上演された『もう一度君と踊りたい』を皮切りにスタートした、LDHアーティストらが出演するこの朗読劇プロジェクトは、鈴木が脚本・演出を手掛けており、今年1月には第2弾として、『芸人交換日記』を上演。

 そして2月5日からは、上記2作品に書き下ろし新作『ヒーローよ 安らかに眠れ』を加えた全3作品を、キャストを入れ替えながら約3週間にわたって上演中である。問題になっているのは、この新作だ。

 出演者はNAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)、橘ケンチ、NESMITH、黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)といったEXILE本体のベテランから、白濱亜嵐、佐野玲於、関口メンディー(GENERATIONS)といった若手グループメンバー、現在ブレイク中のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEメンバー、劇団EXILEメンバーなど、幅広くLDH所属タレントたちが顔を揃えている。

 炎上の発端となったのは、2月3日の鈴木のツイートだった。「朗読劇の脚本とか、ドラマの脚本とか色々遅れていてごめんなさい」と書かれたそのツイートを裏付けるように、新作『ヒーローよ 安らかに眠れ』に出演する黒木啓司が動画配信アプリ「LDH TERMINAL」でのライブ配信で「まだ台本来てません、読んでません。大丈夫かな、俺」と発言。黒木の出演予定回は15日のため、「本番10日前なのに台本ができてないってどういうこと?」とファンをざわつかせた。

 さらにいざ公演が始まると、「あきらかに稽古が足りてない」「脚本の完成度が低くて冗長」といった感想がツイッター上に飛び交い、「上演後のキャスト挨拶で、当日の読みあわせとゲネプロしか稽古してないと言っていた」というエピソードもファンの間でレポートされ、脚本の完成が遅れたことに怒りの声が上がるようになった。

 稽古の時間がほぼなかったことに関しては、新作の14日公演に出演予定のNESMITHも、前日13日に電話出演したラジオ『FMK RADIO BUSTERS』(FMKエフエム熊本)で「ここだけの話、まだ稽古してないんですよ」とぶっちゃけている。

AV男優の流儀/鈴木おさむ
ジャニ仕事なくなったらLDHにごますり?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

鈴木おさむ、朗読劇にEXILEファンが非難轟々! 「当日に稽古」「完成度低すぎ」惨況のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ