もう宮迫のニュースいらないよね?

宮迫博之、YouTubeで「聞いたか?」と吉本挑発!? 関係者からは「痛々しい」と呆れ声

2020/02/10 18:37
サイゾーウーマン編集部
宮迫博之、「聞いたか?」とさんま挑発? YouTuberとして自信満々も「吉本は自滅待ち」!?の画像1
宮迫博之公式ブログより

 2019年11月にYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」を開設し、20年1月29日に配信された謝罪動画を皮切りにYouTuberデビューを果たした雨上がり決死隊・宮迫博之。すでにチャンネル登録者数は52万人を超えており、世間からの注目度の高さがうかがえるが、業界関係者によると「吉本興業は、もはや宮迫など眼中にもない」ようだ。

「宮迫は1月29日に謝罪動画をアップした後、同30、31日には人気YouTuber・ヒカルと、2月に入ってからはDJ集団・レペゼン地球のDJ社長とのコラボレーション動画を公開。こうして、活動の場をテレビからYouTubeに移した宮迫ですが、一部ネット上では『どんな媒体でも宮迫を見たくない!』『謝罪も嘘くさかったし、本当に反省してるの?』『YouTubeでなら、自分の思い通りにやれるとか思ってそう』『もう宮迫では笑えない』といった批判が続いている状況です」(芸能ライター)

 そんな宮迫に対し、業界関係者からも呆れた声が聞こえてくる。

「2月8日、DJ社長が自身のTwitterに、宮迫とのツーショット写真とともに『YouTubeの後輩とお酒飲んでる』と報告。実際、YouTuberとしては宮迫が後輩にあたるものの、芸歴30年の宮迫がそのような扱いを受け、さらにそれをオープンにされても無抵抗な様に対して、業界人の間では『かなり落ちぶれた』などささやかれています」(同)

 また、宮迫の吉本に対して“不義理”とも取れる発言が、業界関係者の間では問題視されているという。宮迫が今月7日に公開した動画では、メンタリスト・DaiGoと対談を行い、その中で、DaiGoから「自分が新しいことをする時には近い人ほど反対します」と言われた宮迫は、「聞いたか? 誰とは言わんけど聞いたか?」とカメラ目線で語った。

「闇営業問題発覚当初、宮迫は吉本の大先輩・明石家さんまに助けを求めていました。そのさんまが8日、自身のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で、宮迫のYouTubeについて『周りが反対してるのも宮迫に伝えて、「お前はその年齢やし、あとは自分で決めて、やりたいことをやって」と。「何かあった時にアシストするのが俺たちやろう」ということになった』と、語ったんです。つまり、宮迫のYouTuberデビューを反対した“近い人”というのは、さんまやその周囲の人間、おそらく吉本関係者とみられます。つまり、宮迫は自分を心配してくれていた人々を“挑発”するかのような態度を取っているわけで、これが業界内外から批判されるとともに『痛々しい』と指摘されているんです」(同)

 こうした状況とあって、当初は宮迫の動きを“警戒”していたという吉本側にも変化が。

「吉本はすでに宮迫の“自滅”待ちで、『放置』といってもいい状況だそうです。今後、宮迫がトップYouTuberになれたとしても、周囲の警告に耳を貸さない人間なので、『いずれ誰も相手にしなくなるだろう』『放っておいても自滅するだろう』と判断したといいます。宮迫がそのことに気づいているかは不明ですが、YouTuberとしてかなり自信があるらしく、最近は周囲に“カジサック”ことキングコング・梶原雄太を『超える』宣言をしたと聞きました」(同)

 最初の謝罪動画では「相方の横に戻りたい」と語っていた宮迫だが、チャンネル登録者数 169万人を誇るカジサックをライバル視しているとなると、目標は“YouTuberとしての成功”に切り替わっているのかもしれない。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/02/10 18:37
アメトーーク! DVD 44
耳を傾けるべき忠告もあったのでは……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

宮迫博之、YouTubeで「聞いたか?」と吉本挑発!? 関係者からは「痛々しい」と呆れ声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ