知られざる女子刑務所ライフ84

沢尻エリカの有罪判決に「執行猶予」は不要? 元女囚が考える薬物案件の量刑

2020/02/09 16:00
中野瑠美(なかの・るみ)
沢尻エリカ公式プロフィールより

覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

「自分でクスリをやめられると思っていた」

 2月6日、麻薬取締法違反で起訴されていたエリカ様に、執行猶予付きの有罪判決が出ましたね。薬物案件はヤクザでも初犯なら執行猶予がつくことがあるくらいですから、想定内ではありました。

 エイベックスが契約を解除しないのは、テレビや映画関連の損害賠償がらみでしょうが、「やさしさ」と思いたいですね。瑠美的には、1月31日の初公判(と結審)でのエリカ様の被告人質問での言葉が気になりましたね。

「自分の中では(薬物を)コントロールできる、やめられると思っていましたが、大きな間違いでした」

 やっぱり、みんなクスリをやめられると思ってしまうんです。私もそうでした。それがなぜなのかはわかりません。私がやめられた理由も、実はよくわかりません。でも、もうやらない自信はありますよ。エリカ様は同じ被告人質問で、悪い友だちとの関係を「すべてが害でした」と言って、更生を誓っています。

 今33歳で、19歳くらいから大麻やコカイン、MDMAなどを使っていたそうですが、まだまだやり直せると思いますよ。芸能界復帰は、ゆっくり考えればええのとちがいますかね。

女子刑務所ライフ!
これから長い道のり

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

沢尻エリカの有罪判決に「執行猶予」は不要? 元女囚が考える薬物案件の量刑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!