高橋ユキ【悪女の履歴書】

「好きな男に会えずイライラした」さいたま連続放火魔、法廷で呻き続けた中年女の姿【ドン・キホーテ放火事件・後編】

2020/02/09 18:00
高橋ユキ(たかはし・ゆき)

埼玉県さいたま市緑区。店員3人が死亡、8人が重軽傷を負うとい大被害をもたらした「ドン・キホーテ浦和花月店」の全焼から2日後、「ドン・キホーテ大宮大和田店」で火災が起こった。犯人として浮上したのは、当時47歳の渡辺ノリ子。「浦和花月店」と「大宮大和田店」の火災だけでなく、イトーヨーカドーやサティの女子トイレに火を放ち続けていたのだ。職場では「おとなしくて目立たない。真面目な人」という評判だったが、「交際相手とのトラブルが絶えなかった」と知人は語る。

(前編はこちら:万引き常習犯からさいたま連続放火魔へ――真面目な中年女のウラ側【ドン・キホーテ放火事件・前編】)

Dick Thomas Johnson from Flickr

「好きな男性に会えずイライラした」二転三転する供述

 恋愛が、万引きと放火にどう関連したのか――。動機はいったい何だったのか――。ところが、ノリ子は取り調べにおいても、公判においても、供述を二転三転させ、日本中を困惑させた。当時は裁判員制度施行前のため、捜査が進んだものから追起訴を重ね、審理は細切れに行われていた。

 2005年3月、最初に起訴されたのは「ドン・キホーテ大宮大和田店」で毛布を燃やし、腕時計などを万引きした事件についてだった。さいたま地裁での初公判で、ノリ子は「ものを盗むつもりはなかった」と万引きをするつもりはなかったと否定し、放火未遂罪についても「火はつけていません」と否認。

 それでも県警が状況証拠を積み重ねたことで、翌月、ノリ子は「ドン・キホーテ浦和花月店」を全焼させた放火の罪で逮捕される。このときノリ子は「もう裁判でうそは言いたくない」と7件すべての放火と放火未遂罪について関与を認めたのである。

「好きな男性に会えず、イライラして火をつけた。人が死ぬとは思わなかった」

 一連の放火事件についてノリ子はこう供述したという。連続放火の動機としては弱いものの、ようやく犯行を認めたことで捜査員らがホッとしたが、それはつかの間だった。ノリ子は再び、煙に巻こうとする。

 全てを認めたその翌日、弁護人と接見して「どこにも火をつけていない」と話し、あっという間に否認に戻ったのである。結局、全焼して3名が命を落とした「ドン・キホーテ浦和花月店」の放火事件についても「殺意があったと認めるに足りる証拠がない」と、殺人罪での起訴はなされなかった。

 動機どころか犯行そのものも認めなくなったノリ子。しかし、犯行当時に同居していた男性が証人出廷し、前後のノリ子の行動を明かした。ドン・キホーテの放火事件当日に彼女は「(好きな男性の)家に火をつけてくる」と言い残し、外出。翌日の朝方、家に戻ってきたという。テレビで放火の様子が流れているのを見ながら、男性は聞いた。

「お前がやったのか」

 このとき「やってない」と答えたというが、逮捕後に川越署の留置場で同じ房にいた女性は、公判に出廷しこう証言する。

「渡辺さんが3月上旬『事件のことで悩んでいる。まさか死ぬとは思わなかった』と話しているのを聞いた」
「『私は無期かコレだから』と言いながら、左手の親指で首を切る仕草をした。死刑のことだとわかり、3人が亡くなった浦和花月店の火災のことを言っているのだと思った」

 ノリ子は法廷でその女性の名をブツブツと小声でつぶやきながら、その後ろ姿をじっと見つめていた。

ドン・キホーテだけが、なぜ強いのか?
職場で真面目だからといって、人はわからないよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「好きな男に会えずイライラした」さいたま連続放火魔、法廷で呻き続けた中年女の姿【ドン・キホーテ放火事件・後編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書高橋ユキのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ