インタビュー

チョコレートは「ダイエットに最適」説を管理栄養士に聞く! 「太りやすい/太りにくい食べ方」も

2020/02/11 17:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman
【ゆ】チョコレートは「ダイエットに最適」説を管理栄養士に聞く! 「太りやすい/太りにくい食べ方」もの画像1
hirobirockさんによる写真ACからの写真

 今年も間もなくやって来るバレンタインデー。街を歩けば、さまざまな新作チョコレートの広告が目に入り、甘いもの好きには心躍る時期だろうが、一方で「チョコ=太る」というイメージも強いだけに、ダイエット中という人には「目の毒」と言えるかもしれない。

 しかし最近、チョコを「ダイエット中のおやつに最適」とする説を目にする機会はないだろうか。チョコに含まれる栄養素が体にいいとも言われ、チョコ党の人には喜ばしい情報だが、果たしてその実際はいかに? 今回、管理栄養士の岡田明子さんに話をお聞きした。

「チョコはダイエットにいい」は「積極的に食べよう」ではない!?

 そもそも、なぜチョコが「太る」と言われているのかといえば、栄養素に「脂質」と「糖質」が含まれているからだろう。しかしそのほかにも「体にいい」とされる特徴的な栄養素があるという。

「まず代表的なのがポリフェノール。これは活性酸素を減らす抗酸化物質で、体が錆びるのを抑える効果が“ある”……とまでは断言できないものの、“期待はできる”ものです。また、テオブロミン。これは気持ちを落ち着かせたり、集中力を高める効果があると言われるもの。あとは、リグニン。食物繊維の一種なので、腸内環境を整えてくれ、便秘改善等に役立つと言えるでしょう」

 チョコと一口に言っても、脂質と糖質だけではないということがわかるが、「ダイエット中のおやつに最適」という説を、岡田氏はどのように捉えているだろう。

「『ダイエット中のおやつに~』と言われているのは、全てのチョコではなく、カカオ含有量が80%以上などのカカオ量の多い苦いチョコを対象としている場合でしょう。あくまで、『ダイエット中でもチョコがどうしてもやめられない人は、カカオ量の多いチョコを食べるといい』という話で、『ダイエットにいいらしいから、いっぱい食べていい/食べた方がいい』ものではありません。何にせよ、食べすぎるというのはよくありません」

 よく「ナッツ類は美容・健康にいい」と言われるが、「これも同様で、食べすぎてカロリーオーバーになり、太ってしまったという人が結構います。『食べすぎないこと』が大事なんです」という。

チョコレート検定 公式テキスト 2020年版
チョコレートの魔力って凄まじい

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

チョコレートは「ダイエットに最適」説を管理栄養士に聞く! 「太りやすい/太りにくい食べ方」ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 健康美容のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ