【連載】彼女が婚外恋愛に走った理由

「セックスはいまだにガッツリ」だけど……50代女性が語る、“30年以上”に及ぶ婚外恋愛の終え方

2020/02/01 16:00
いしいのりえ
(C)いしいのりえ

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。どちらの呼び名にも大差はない。パートナーがいるのにほかの男とセックスする、それを仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃない? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 婚外恋愛経験者の年齢層は幅広いが、筆者が取材をしてきた中では、40〜50代の女性が比較的多い印象である。筆者自身が同世代のため、話を聞きやすいということも当然あるが、バブル世代前後の女性は恋愛に対しても勢いがあるように感じる。

 今回話を聞かせていただいた智美さん(仮名)は、「仕事に恋に、生きることに全力投球」といった50代の女性である。

「私が人生の目標にしているのは、老後資金として1億円を貯金すること。無事に定年退職をして、旦那2人で大好きなタイに移住して、静かに余生を過ごしたいと思っています」

 輝くような笑顔で智美さんはそう打ち明けてくれた。

彼以外の男に性欲が湧かない

 智美さんは、30年以上も同じ会社の上司と不倫関係にある。

「私と彼は、会社設立当初のメンバー同士です。最初は20人足らずの従業員で、ああでもない、こうでもないと言いながら事業を大きくしていき、これまでやって来ました」

 設立当時、女性従業員は智美さんのほかに4人いたが、現在残っているのは彼女1人だけである。

「私が今の会社でずっとやって来られたのは、社長のヴィジョンに共感できたから。それと、そんな社長を直近で支えて続けてきた彼のことも、本当に尊敬できます」

 20代の頃、智美さんと彼は恋人同士だったこともあり、結婚も考えていたという。しかし、互いに「この人ではない」と感じたそうだ。1年足らずの交際と同棲期間を経て、別れてしまった。

「お互いに『これじゃない』感があったんですよね。一緒に仕事をする、恋愛をするには最高のパートナーだけど、家庭を築く相手ではないような……彼といると、カーッと燃えちゃうっていうのかな。仕事でも恋愛でも、彼が相手だと常に本気でガッツリいって、疲れちゃうんですよ」

 智美さんと彼とは、いまだにセックスも「ガッツリ」だと言う。年に数回、出張が重なる時が2人のデートタイムだ。

「彼とのセックスはスポーツみたいですよ! 時間をかけて愛されて、愛して、この歳になって恥ずかしいけど、毎回たっぷり時間をかけてしてます。終わったあとは2人ともぐったりして寝ちゃうの。旦那とはもう何年もないですね……私も彼以外の相手には性欲が湧かないし、旦那もたぶん、よそで解消していると思いますよ。風俗とかキャバクラとか昔から好きだったし、ちょこちょこ浮気してる気配も感じてたから」

婚外恋愛/亀山早苗
旦那さんがいたから30年以上続けられたのかな

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「セックスはいまだにガッツリ」だけど……50代女性が語る、“30年以上”に及ぶ婚外恋愛の終え方のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 彼女が婚外恋愛に走った理由のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ