2020年冬ドラマ初回視聴率

天海祐希『トップナイフ』首位、東出昌大2位で松下奈緒がワースト入り! 1月期ドラマ初回視聴率ランク

2020/01/28 17:50
サイゾーウーマン編集部
『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系)公式サイトより

 2020年1月期の冬ドラマ(民放、午後8~10時台)が始まり、初回視聴率では天海祐希主演の医療ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系)が首位を獲得。上位3作品は、日本テレビ系、テレビ朝日系、TBS系とすべて違うテレビ局のドラマがランクインした。

 天海主演の『トップナイフ』は、「手術の天才」が集う東都病院・脳神経外科を舞台にした作品で、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、三浦友和らが出演。脚本は『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』『BOSS』シリーズ(いずれもフジテレビ系)を手掛けた林宏司氏が担当し、演出は『女王の教室』(日本テレビ系)で天海とタッグを組んだ大塚恭司氏。公式サイトでは“最強ヒットメーカーが集結”と銘打ち、初回13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の好発進となった。

 人気女優が主演の医療ドラマとあって、開始前は米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)を引き合いに出して「女医対決」などと注目されていたものの、昨年10月期に『ドクターX』が獲得した初回20.3%には遠く届かず。2話は12.4%、3話は12.9%と推移しており、全話平均視聴率ランクの上位入りもあり得るだろう。

 2位は、桐谷健太と東出昌大のダブル主演作『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)で、初回は12.0%を記録。元体育教師で、走り出したら止まらない刑事・仲井戸豪太(桐谷)と、東京大学法学部を卒業した超エリート検事・真島修平(東出)の異色バディが事件を解決していく物語だ。

 2話放送日、1月23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が東出と女優・唐田えりかの不倫問題を報じた影響か、その2話は9.7%にまで大幅ダウン。ネットユーザーからは「ドラマは別物だと思って見たけど、やはり不倫がチラついて脱落決定」「初回はコミカルで面白かったのに、2話は東出が目についた。次回は見るのやめる」といった感想も出ている。

 3位は、伊藤英明主演の『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)で、初回は11.3%をマーク。僧侶でありながら救命救急医としても働く異色の主人公・松本照円(伊藤)の奮闘を描く医療ヒューマンドラマで、中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香、GENERATIONS from EXILE TRIBE・片寄涼太らが脇を固めている。

 同作には、東出の不倫相手とされる唐田がレギュラーキャストに名を連ねていたが、報道を受けて所属事務所側が「出演自粛」を発表。24日放送の2話は登場シーンをカットして放送され、代役などの対応については27日時点で明らかになっていない。くしくも、不倫が明らかになった東出&唐田の出演作がトップ2・3位という結果になった。

野良人
ドラマに大張り切りしてた桐谷健太よ、南無三……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

天海祐希『トップナイフ』首位、東出昌大2位で松下奈緒がワースト入り! 1月期ドラマ初回視聴率ランクのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ朝日テレビ東京視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ