[ジャニーズ最新言行録]

TOKIO・松岡昌宏、佐藤浩市との“豪華カラオケ”にファン仰天! 「これは震える」「メンツ濃すぎ!」

2020/01/21 14:12
番田アミ(ばんだ・あみ)
水谷豊の豆情報まで教えてくれるマボ

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)が1月19日に放送された。今回は、松岡が自身の華麗な芸能界交友録を語った。

 2018年に上演された舞台『新・6週間のダンスレッスン』で共演した女優・草笛光子から、昨年末に「アキラが『ライブやるから来い』って言ってるんだけど、来ない?」「あとユタカも来るって」と誘われたという松岡。この“アキラ”と“ユタカ”とは、俳優の寺尾聡と水谷豊。松岡自身も「すごいメンバーだな」と振り返りつつ、話を進めた。

 当日、草笛と共に寺尾のライブに行ったところ、「後ろから『まーさ! まーさ!』って」呼ぶ声が聞こえたそう。「ちなみに、僕のことを芸能界で『まーさ』と呼ぶのは水谷豊さんしかいないんですね(笑)」とのことで、声の主は水谷だったようだ。ライブにはほかにも「そうそうたるメンバーの方が見に来られてました」と振り返り、「大先輩も、いろんなミュージシャンの方も、若い女性の超売れっ子女優さんとか俳優さんとか。『うわ、スゲーな!』と思いながら見てて」と松岡でも驚くような客層だったとか。

 ライブは寺尾の大ヒット曲「ルビーの指環」(1981年)で締めくくられたそうで、松岡は「こういうカッコいいオヤジたちになりてえね〜」と、知人のギタリストと話したそう。草笛とあいさつをしたのち帰宅しようとするも、今度は「松岡! 行くぞ!」「カラオケ、カラオケ行こう!」と声をかけられたという。

 松岡いわく「その声の主とは、佐藤浩市さんです(笑)」とのことで、そのままカラオケボックスに連れていかれたとか。しかも、佐藤と知人ギタリストのほか、伊藤淳史、戸田菜穂、高橋克実、稲森いずみも一緒で、松岡は「なんだ? なんだこの脈絡のない……『はじめまして』の人も3人ぐらいいて」と、戸惑いを隠せなかった様子。

 カラオケではそんな豪華メンバー全員が歌い、佐藤の「延長だ!」という一声で、時間が許すまで楽しんだという。松岡は「すげーみんな楽しかった!」と興奮気味に話しており、「いい機会でしたし、素敵な時間を大先輩方に作ってもらえましたよ」と感謝していた。

 この放送を聞いていたファンからは、「松岡くんのラジオ、出てくるメンツが濃すぎるでしょ!?」「もし自分がこのカラオケ店の店員だったら、豪華メンバーすぎてこれは震えると思う(笑)」と驚嘆する声が寄せられていた。

番田アミ(ばんだ・あみ)

番田アミ(ばんだ・あみ)

フリーライター。かつてのバンギャがアラフォー間近でアイドルにどハマりし、彼らの愛で方を理解。将来の目標は最後の最後まで推しの良客でいること。

記事一覧

最終更新:2020/01/21 14:12
死役所 Blu-ray BOX<予約購入特典:ポスタービジュアルB6クリアファイル付き>(Blu?ray Disc)
自分の周りに佐藤浩市がいなくてよかった……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

TOKIO・松岡昌宏、佐藤浩市との“豪華カラオケ”にファン仰天! 「これは震える」「メンツ濃すぎ!」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズTOKIO松岡昌宏のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ