[女性誌速攻レビュー]「Domani」2・3月号

「Domani」読モの年末年始に衝撃! 「リムジン女子会」「ビジネス書読破」キラキラワーママ見本市に

2020/01/18 18:00
島本有紀子(しまもと・ゆきこ)

読モがテッサ食べがち

 続いては、読者モデルDomanistの年末年始を探る「2019→2020 Domani的ワー/ママの年末年始、全部見せます(ハート)」。華やか~な子連れ年末年始の過ごし方が、10人分紹介されています。

 ある人は友人とリムジン女子会をしたあとポーランドとタイへ行き、ある人は「子どもが小さいため、実際にはなかなか着物で初詣に行けませんが」と言いつつナゼか着物姿の写真を披露し、ある人は『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる』(英治出版)と『ホモサピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上・下巻』(河出書房新社)を読み、ある人は元日に「テッサ」(註:ふぐ刺し)を食べてからハワイへ。子どもがいてのそのバイタリティーには圧倒され、華やかに書かれているけど実際はドタバタなのだろうと想像しただけで、ぐったりしてきます。

 しかし「Domani」に「テッサ」が登場しがち(昨年の10・11月号には、子どもの好物がテッサだと言うママが登場)なのは気になるところです。

ただのキラキラ読モ見本市に

 毎号楽しみにしていた連載「実録!? 東京23区・働く母の生態ファイル」が打ち切りとなってしまいましたが、その代わりに今号からは新連載もたくさん。中で最も興味をそそられたのは、読者モデルを根掘り葉掘りする企画「噂のDomanistをネ・ホ・ハ・ホ!」でした。ついさっき読んだ企画と似通った「年末年始、私はこうやって自分を甘やかしてます(ハート)」では、サンバの衣装に身を包んで踊る人、週5で英語教室に通いセブ島に語学留学した人、女友達と弾丸韓国旅行をした人などが登場し、ここでもそのせわしなさにぐったり。

 やはり、匿名・顔出しナシの「東京23区・働く母の生態ファイル」が終わってしまったことで、嫉妬や自慢、マウンティングの入り混じった本音っぽい言葉が読めるページはなくなり、ただのキラキラDomanist見本市のようになってしまった感があります。キラキラした人間を見て、「自分も頑張るぞ」と思えるタイプのワーママには(かなりターゲットが絞られますが)最高の雑誌かもしれません。

島本有紀子(しまもと・ゆきこ)

島本有紀子(しまもと・ゆきこ)

女性ファッション誌ウォッチャー。ファッションページから読み物ページまでチェックし、その女性誌の特性や読者像を想像するのが趣味。現在は、サイゾーウーマンで「ar」(主婦と生活社)と「Domani」(小学館)レビューを担当中。

記事一覧

最終更新:2020/01/18 18:00
Domani (ドマーニ) 2020年 02月号 [雑誌]
Domanistの辞書には「寝正月」という言葉はないようです
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「Domani」読モの年末年始に衝撃! 「リムジン女子会」「ビジネス書読破」キラキラワーママ見本市にのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューdomaniのニュースならサイゾーウーマンへ!