[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・大倉忠義、「イケメンなのに残念」発言にプッツン!? 「関係ない」と真顔で猛抗議

2020/01/14 19:33
文=サイゾーウーマン編集部
世間の声が一番辛辣だわ……

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系、1月11日放送)に村上信五と大倉忠義が登場し、新企画「関西弁禁止ウォーカー」が行われた。

 舞台は東京・板橋区にある「ハッピーロード大山商店街」。ここで2人は関西弁の使用を禁止され、標準語を話しながら “街ブラロケ”を決行することに。ゲストのお笑い芸人・次長課長の河本準一は、関西弁全開でしゃべって2人を惑わせる役となり、関西弁使用の有無は川田裕美アナウンサーがジャッジ。より関西弁を使う回数が少なかったほうが勝者となる。 

 まず前半、街ブラロケをスタートさせた村上だが、「急に何かハプニングが起こった時も標準語で?」といきなり関西弁全開のイントネーションでトーク。河本から「ガンガン関西弁よ?」とツッコミを受け、大倉からも「ちょっと! 普通のロケしてた今!」と注意を受ける始末。どうやら、村上自身は標準語を話したつもりのようだが、イントネーションも標準語に合わせなければならないのが、このゲームのルールだ。

 司会者としても活躍する村上だが、この標準語イントネーションには苦戦して、和菓子屋の前では「ボク、ワラビモチ、スキ」と“カタコト”になるなど、会話が成り立たない展開に。グループのツッコミ担当にもかかわらず、標準語になると「何しちゃってんだよ!」「バッキャロー!」と、ぎこちないツッコミばかり。ストレスが溜まった村上は、ついにロケの途中で「うわ~!」と発狂し、逃げ出してしまうのだった。

 一方、後半で登場した大倉は、関西弁が解禁されて饒舌になる村上に対し、「イキイキしてますね、突然」とポツリ。しかし、この「イキイキしてますね」のイントネーションが標準語ではなかったということで、早速アウト。大倉もまた、イントネーションに苦しめられることとなる。

 その後、洋服店やホットドッグ屋をめぐり、お茶屋さんに到着。ここで「麦茶」を頼んだ大倉に対して、女性店員は「麦茶!?」と驚きつつ、「なんかちょっと変だよね。イケメンなのに残念なんだよねえ〜」と大倉を批評。最初は苦笑するだけの大倉だったが、そのストレートな物言いに堪忍袋が切れたのか、カメラに向かって「企画と関係ないでしょ!?」と、真顔で何度も抗議したのだった。

 また、昼から営業しているスナックに入り、カラオケで関ジャニ∞のシングル「好きやねん、大阪。」(2005年)を歌う流れに。もちろん、ここでも標準語を使わねばならず、大倉は「ほんでもってそんでまいどあり」という歌詞を「そしてそしてそしてまいどあり」と歌い、周囲は大爆笑。

 結局、村上が12箇所、大倉が11箇所を関西弁で話したということで、僅差で大倉の勝利に。大倉は「『こんなつらいもんなんやな』って思いましたね」「だいぶしんどかった……」と感想を述べ、スナックでのカラオケが「一番ダメージ食らった」とボヤいたのだった。

 この放送にファンからは、「関西弁使えない村上くん、面白すぎる(笑)」「『イケメンなのに残念』と言われた大倉くん。いやいや、そこが大倉くんのいいところなんですよ!」「標準語バージョンの『好きやねん、大阪。』に笑いすぎて涙出た」などのコメントが寄せられていた。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

Twitter:@cyzowoman

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/01/14 19:33
関ジャニ∞/好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大(十五催ハッピープライス盤)
ヒナの「標準語」は「関西弁」なので!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関ジャニ∞・大倉忠義、「イケメンなのに残念」発言にプッツン!? 「関係ない」と真顔で猛抗議のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ関ジャニ∞大倉忠義のニュースならサイゾーウーマンへ!