[ジャニオタ茶飲みトーク]

昭和ヤンキー風のSixTONES・森本、赤西仁ソックリのHiHi・橋本! ジャニーズ仰天写真

2020/01/10 13:00
サイゾーウーマン編集部

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中! 

B美……永遠の29歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……永遠の35歳 デビュー組からジャニーズJr.に降りた月刊誌編集者。好きなアイドルは若い子。

「J-GENERATION」2020年1月号(鹿砦社)

C子 1月22日にCDデビューするSixTONESとSnow Manのデビュー曲、聞いた? SixTONESの方はX JAPANのYOSHIKIが楽曲提供した「Imitation Rain」。YOSHIKIらしいバラードだったけど……。正直、ネット上のファンの反応は「ジャニーズらしい曲ではないけど、カッコいい!」「デビュー曲っぽくないし、一般の人が聞いて口ずさむのも難しそう」と、真っ二つだったよね。

B美 私も正直、「X JAPANっぽい曲だな~」って思ったぐらいで、耳には残らなかったかな。全部聞いてみないとわからないけど。あと、Snow Manの「D.D.」は、所属レコード会社のavexっぽさを感じたな。作詞の栗原暁(Jazzin’ park)はKis-My-Ft2の楽曲を多く手がけたり、作曲のHIKARIもジャニーズのいろんな曲を担当してるから、豪華な布陣ではあるね。

C子 スノストといえば、「J-GENERATION」2020年1月号(鹿砦社)で、「Snow Man & SixTONESスペシャルフォトギャラリー」っていう特集が組まれてたよ。うわ!! いきなりページめくったら上半身裸だわ……。あらためてこういうの見ると、ジャニーズの舞台ってスゴいことしてるなぁ。

B美 正直、ファンにしてみれば肉体美を見れてうれしいんだけど、「このご時世、いつまでこんなことやってるのか」って問題はあるよね。特に、未成年の裸は……。でも、今年9月の『少年たちTo be!』では、16歳のラウールまでが伝統の“桶ダンス”をやったみたい。取材陣が入った時の映像を見たけど、さすがに脚が長くてキレイだった。それにしても、雑誌をパって開いた瞬間に上裸の男性が並ぶのにはビックリ(笑)。

C子 すりガラスの奥に出演者が立ってるから、余計に下半身がボケてて生々しいんだよ……。下は肌色のパンツを穿いてるんだろうけど。しかし、4ページのSixTONES・京本大我、色が白いなぁ~。隣で上裸のSnow Man・渡辺翔太も色白だけど、きょもは白人系の白さって感じ。

B美 ホントだ、白さの質が違う。きょもって、短髪の方が男らしくない!? 金髪で髪が短い方が凛々しくていいじゃん。6~7ページは同時CDデビューを発表した『ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~』で、花束を受け取った後の写真が載ってる。SixTONESは照明の加減もあって表情がよく見えないものの、Snow Manメンバーはうれしそうだね。

C子 8ページからはソロページになってて、Snow Man・岩本照はいろんな表情があっていいよ。目がなくなるくらいの笑顔とか、クール系とか、鍛え上げられた体も見れるし。

立ち読みはこちら

J?GENERATION(ジェイ?ジェネレーション) (雑誌お取置き)1年12冊
桶ダンスはどういう気持ちで見ていいのやら

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

昭和ヤンキー風のSixTONES・森本、赤西仁ソックリのHiHi・橋本! ジャニーズ仰天写真のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズテラスSixTONESのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ