トツギーノ!

バカリズム、夢眠ねむと結婚! 山里亮太、若林正恭ともに“非モテ”“闇”キャラは不要!?

2019/12/24 20:08
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman
バカリズム公式プロフィールより

 12月24日、バカリズムが元でんぱ組.inc・夢眠ねむとの“クリスマスイブ婚”を発表した。今年は南海キャンディーズ・山里亮太、オードリー・若林正恭と“非モテ芸人”が立て続けに結婚したことで、ネット上には驚きの声が上がっている。年齢も近く、かつては互いに“闇キャラ”をネタにしていた3人だが、どこまでその“キャラ”を守り続けるのだろうか。

「2014年から不定期で放送されている『ヨロシクご検討ください』(日本テレビ系)に、世の中を斜めに見ている“心の闇4”のメンバーとして、坂上忍とともに出演していた3人。彼らだけの『闇』と名付けられたLINEグループもあるそうで、仲の良さがうかがえます。以前は、それぞれの風俗通いのエピソードをメディアなどで暴露することもあり、特に若林の風俗エピソードは、その後週刊誌などでも取り上げられ、現在でもネット上では、『東京・渋谷の風俗店が行きつけ』とウワサされているんです」(スポーツ紙記者)

 しかし、近年では風俗に関するエピソードが明かされる機会も少なくなり、全員が既婚者となった今、今後はネタも葬られるとみられる。

「現在の若林はMCに加え、小説『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(角川文庫)を執筆するなど、作家としても活躍。バカリズムは、優れた脚本作家を顕彰する『第36回向田邦子賞』を受賞するなどマルチな才能を発揮し、山里はレギュラー番組を13本抱える超売れっ子です。現在の3人はお笑い芸人として、十分その実力を認められていますし、ルックスに関しても、特別ブサイクというわけでもない。そろそろキャラ作りでの“非モテ”や“闇”は必要ないでしょう」(同)

 そんな人気芸人になった3人だが、蒼井優と結婚した山里に関しては、「“非モテ”キャラ作りに対して並々ならぬ努力をしており、まだまだキャラを降りる気はなさそう」(芸能ライター)という。

「ブレーク当初の山里は、おかっぱ頭に真っ赤なメガネと、トリッキーなルックスをしていましたが、今では髪形が変わり、メガネを外せば“イケメン”と、一時期ネットで取り沙汰されたことも。また、メガネも、黒縁など、オシャレなフレームのものに替えるようになっています。しかしその半面、いきなり掛け替えると『色気づき始めた』などと批判されることを恐れたのか、少しずつ薄い色のフレームに替えていくという“工夫”を凝らしているんです。“非モテキャラ”を崩さないため、メガネひとつにも、ここまでのこだわりを見せているだけに、今後もそのキャラを貫いていきそうです」(お笑い関係者)

 バカリズムの今後の方向性に変化が見られるのかわからないが、それぞれ幸せな家庭を築いていってほしいものだ。

最終更新:2019/12/24 20:08
バカリズムライブ「image」
若林は「いい夫婦の日」で、バカリズムは「クリスマス」に結婚って意外とミーハー

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

バカリズム、夢眠ねむと結婚! 山里亮太、若林正恭ともに“非モテ”“闇”キャラは不要!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!