『ザ・ノンフィクション』目黒・虐待死事件考察

DV・虐待者の「更生・回復プログラム」を考える――『ザ・ノンフィクション』「目黒・結愛ちゃん虐待死事件」

2019/11/02 19:00
森田ゆり

DV被害者の恐怖は「死」と直結する

 優里被告の公判では、検察官とのやりとりから、雄大被告が“恐怖”で妻を支配していた様子が見て取れます。

検察官:夫の報復が怖かったって話が出ているんですけど、報復って何ですか。
被告人:例えば、結愛を連れて逃げるってなった時に、「俺は全国各地、色んな所に友達がいる」って、そういう説教があるんですけども、だんだん……この場で言うのもおかしいけど、殺されるとか、そういう……感じ、です。
(2019年9月5日 目黒事件 母親被告人検察論告詳細報告より)

 おそらくこの検察官には、優里被告の言う「殺される」恐怖のリアリティはわからないに違いありません。DV被害者の恐怖は、言う通りにしなかったら「死」が待っていることなのです。そして実際に殺されてしまった女性たちを、私たちはどれだけ見てきたでしょう。

検察官:当時は離婚したいという思いはあった。
被告人:ずっとありました。
検察官:夫が逮捕されたら、離婚できるって思わなかったんですか。
被告人:逮捕された後に、死刑とかにならない限り、絶対に戻ってきて、絶対に報復されるから、絶対全国どこに逃げても、探偵使ってでも追いかけられるから……できないです。
(2019年9月5日 目黒事件 母親被告人検察論告詳細報告より)

 雄大被告は13年、優里被告は8年の懲役刑(控訴中)。どちらも服役中の態度がよければ早く釈放されるでしょうから、そんなに先のことではありません。雄大被告が刑を終えて出所した後、優里被告と息子の居場所を探してコンタクトしてくる可能性は、極めて高いと思われます。優里被告は、雄大被告が執念深く自分を追ってくることを知っています。その不安とともに、これから生きていくのです。

母親の孤独から回復する 虐待のグループワーク実践に学ぶ
二度と同じ過ちを繰り返さないため、向き合うべきことは何か
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

DV・虐待者の「更生・回復プログラム」を考える――『ザ・ノンフィクション』「目黒・結愛ちゃん虐待死事件」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 社会ザ・ノンフィクションのニュースならサイゾーウーマンへ!