女のための有名人深読み週報

道端アンジェリカ、夫の逮捕報道を通して見えてきた「実はカネに執着ナシ」の一面

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ベストフォーマルウェアアワード✨アイシャドウは最近ハマってるカーキにしたけど写真白黒で分かんないやーつ🤣💓💓

道端アンジェリカさん(@angelica_michibata)がシェアした投稿 –

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「今回の夫の発言は、私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた結果、なされたものでした」道端アンジェリカ
(所属事務所公式サイトでの謝罪コメント、10月5日)

  カネのあるオトコほど、カネの話をするオンナが嫌い。先週この連載で、そんなことを書いたが、「カネの話をするオンナ」とはどんな人なのだろうか。

  芸能界で「カネの話をするオンナ」というと、女医でタレントの西川史子を思い浮かべる人もいるだろう。西川はタレントとして出立ての頃、「結婚相手に望む年収は4000万」と宣言し、また「ブスは生きる価値がない」とも語るなど、高飛車キャラで話題を集めた。

  もう一人、カネの話を臆することなくしていたのが、モデルの道端アンジェリカである。アンジェリカはかつて『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、「結婚相手は最低年収5000万円ないとダメ」と発言、さらに「週に一度は子どもを預けて、夫婦でディナーしたい」と述べて、ネットで叩かれたことがあった。

  年収300万円の人にとって、年収4000万、5000万というのは想像すらつかない金額だけに、彼女たちを「強欲」と捉え、非難した人もいただろう。しかし、自身も高収入であろう西川やアンジェリカにとっては、「ちょっと上」くらいの数字なのではないのではないだろうか。有名人や名の知れたモデルと親しくしたいと考える高収入男性もいるだろうし、富豪と女性芸能人という組み合わせは定番でもあるので、私は彼女たちの発言が「強欲」とは思わない。

  が、カネの話をはっきり口にする女性タレントほど、カネのある男性と縁がなくなるのではないだろうか。

Nude Face 道端アンジェリカ写真集
「35万」という数字が懐事情を表してるよね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

道端アンジェリカ、夫の逮捕報道を通して見えてきた「実はカネに執着ナシ」の一面のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!