高橋ユキ【悪女の履歴書】

教祖は「母以上に母だった」――父親を殺害した教団と女性信者の“罪”【板橋・占い師グループによる射殺事件:後編】

2019/10/14 21:00
高橋ユキ

法廷で語った「吉川さんは、母以上の母でした」の意味

 筆者は2005年当時、東京地裁の法廷で友子の裁判を傍聴した。上品そうな黒いスーツに白髪混じりのボブヘアで、育ちの良さそうなお嬢様がなにかの間違いで罪に問われてしまったかのような雰囲気を醸す女性だった。頼りなげにうつむいて泣きながら、「吉川に騙された、父親の殺害は止めたのに実行された」と、積極的な犯行への意欲はなかったと主張する友子。

 事件前に体調を崩したという実母が、傍聴席で友子を見守っていたが、吉川に対して「死んだほうがいい」「うちの金を盗んだくせに、何言ってんだ!」と罵り、裁判長に注意される場面がたびたび見られた。実母は、事件前から友子を通じて吉川と面識もあった。

 友子は法廷では、吉川のマインドコントロール下にあったと主張していたが、最終陳述になると、吉川に唆されたと告白。逮捕直後、友子が子どものために黙秘していたところを、吉川らが友子に罪を押し付ける供述をしたのだと訴えた。

「私が警察で最初取調べを受けたとき、真実を話しませんでした……それは、私の子どもに、私が犯罪者だと知られないように……何も言わないでいれば、事件のことはわからず、子どもたちはなにも知らずに、大人になっていく……! そう思ったからです……! でも、私がそのようにしてしまったことで、吉川さんが嘘を言い、このような結果になってしまいました……。吉川さんの嘘には納得できません……真実を話すことが父の供養の第一歩だと思います。父の親戚に……心から、お詫びします……!」

 そして、友子が吉川に心酔した背景には、父の暴力による家庭不和があったこと、さらに母についても、こう語った。

なぜ、あの占い師はセールスが上手いのか? 誰でも何でも売れる究極のセールス・テクニック「コールドリーディング・セールス」
どんな母親だったのか、友子にもっと語ってほしい

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

教祖は「母以上に母だった」――父親を殺害した教団と女性信者の“罪”【板橋・占い師グループによる射殺事件:後編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書高橋ユキのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL