高橋ユキ【悪女の履歴書】

殺人の手付金は水晶1000万円――裕福な“箱入り娘”が心酔した教祖【板橋・占い師グループによる射殺事件:前編】

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

 数日前に梅雨入りしていたが、その日の東京は、昼から晴れ間がのぞいていた。2001年6月9日、東武東上線下赤塚駅を北側に進んだ板橋区赤塚6丁目には、古いアパートや小学校、銭湯などが並ぶ。下町の風情を残した住宅街のなかで一際目立つ、タイル張りの塀に囲まれた豪邸の前に段ボールを抱えた男が立ち、インターホンを鳴らしたのは、夜の帳が降り切った20時55分のことだった。宅配便にしては遅い来訪だ。

 その直後、「パーン」と風船が割れるような乾いた音が周囲に響いた。何事かと外に飛び出した近所の者たちが集まると、この家に住む丸山寿治さん(70=当時)が、玄関で倒れており、その下に広がる血だまりがみるみる大きくなっていくのだった。

第6回:東京・板橋 占い師グループによる射殺事件

 丸山さんはこの日、宅配業者を装った男に銃で撃たれ、病院に搬送されたが、翌日未明に出血性ショックで死亡。銃弾は腹部を貫通していた。警察は、現場に残されていた薬莢から、犯行に使われたのは中型拳銃のマカロフとほぼ断定。捜査を開始した。

 工務店経営者の丸山さんは、新潟の出身で20歳の時に上京。もともと大工として働いていたが、東京オリンピックの年に、都営住宅30戸の工事を任され、それを機に独立。以降、建売住宅を作る仕事を地道にやってきた。事件当時は、体の具合が悪い妻と二人で暮らしており、平日は親族がその世話をしに通っていたが、夫婦だけになる土曜に事件が起こったことから「極めて計画的なプロによる犯行」と目された。また丸山さんは数年前に糖尿を患って以降、思うように仕事ができなくなり、土地転がしや競売物件に手を出すようになっていた。そのため、金銭トラブルによる犯行ではないかともみられたが、近所の者はそれを否定する。

「競売で競り落としたのは北区にあるマンション一棟だけ。老後の家賃収入を確保しようとしてのことです。土地転がしについても“60坪か70坪の土地を買って、二つに分けて売ったら儲かった”という話を聞いたことがある程度。確かに、かなりの蓄えがあったようでしたが、大工上がりの地味な人で、酒も女もやらなかった」

 丸山さんの生活ぶりからは、とても突然殺し屋に狙われるような人物像が浮かび上がらないが、捜査が進むにつれ、家庭内で問題を抱えていたことが徐々に明らかになる。だが決定的な決め手がないまま時間が過ぎる中、進展を見せたのは翌年の02年12月。元暴力団員A(46)が「仲間4人と組んで人を殺した」と警視庁に自首してきたのだ。Aはまた「自分は拳銃の処分をしただけ。成功報酬は2000万円」と自供。これにより、翌月の03年1月、丸山さん殺害の実行に関与したとして5人が逮捕された。

聴く 話す ほめる 稼ぐ 占い師のお仕事
突然の香取慎吾に衝撃

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

殺人の手付金は水晶1000万円――裕福な“箱入り娘”が心酔した教祖【板橋・占い師グループによる射殺事件:前編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書高橋ユキのニュースならサイゾーウーマンへ!