[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・村上信五、『関ジャム』で意外な特技披露も「なんかヤダ」「ムダ」と不評のワケ

2019/09/24 17:52
華山いの
次長課長・河本とタンバリン対決して!

 関ジャニ∞がさまざまなアーティストを迎えてトークを繰り広げる音楽バラエティ『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)。9月22日は、ゲストに“アレンジャー”と呼ばれる編曲家の島田昌典と関口シンゴを迎え、「アレンジのスゴ技徹底検証」が行われた。

 アーティストが作曲したメロディーをもとに、さまざまな楽器の演奏を加えて「イントロや盛り上がるポイント」などを作っていくのが、アレンジャーの仕事だという。島田は特に、“タンバリン”の音色へのこだわりが強く、15種類を楽曲に合わせて使い分けているとか。そこで、スタジオに数種類のタンバリンを用意し、音の違いを検証しようと村上に渡したところ、慣れた手つきで演奏し始める。

 これには安田章大から「なんでムダに叩き慣れてるの?」とツッコミが入り、ひな壇ゲストのアンタッチャブル・山崎弘也からも「なんかヤダ……」と言われてしまう始末。本来なら“音”に注目するべきところだが、村上の意外すぎる特技に、メンバーから「あいつやってんな!」「情報が多いのよ!」とクレームが続出していた。

 その後、アレンジをする上で「ボーカルの声」が重要だという話題になり、島田と関口が「仰げば尊し」を関ジャニ∞メンバーの声に合わせて特別にアレンジ。島田は丸山隆平、関口は安田の担当となり、それぞれ曲を用意。アレンジが施された「仰げば尊し」を使って、丸山と安田は事前にレコーディングを行った。

 同曲は卒業式などで歌われることが多い定番の合唱曲で、どこか物悲しさを感じさせる楽曲でもある。しかし、島田は丸山の明るいキャラクターに合わせて“ポジティブな曲調”にアレンジ。哀愁は残しつつも、オルガンやチェンバロで優しい雰囲気を出したり、途中からゆっくりとしたテンポに変化させたりと、“丸山風”の楽曲が完成。横山裕は完成した曲を聞き、「マルにめっちゃ合ってる!」と大絶賛。丸山自身も「めっちゃ気持ちいい! 歌ってよかった!」とうれしそうな表情に。

 一方、安田はイントロからギターが鳴り響く“ロックテイスト”に変化。感情豊かな安田の歌い方がギターの音色がマッチし、こちらもメンバー一同「かっこいい!」「すごい!」と大絶賛だった。

 すると、村上が「俺もやってほしかったな!」と、うらやましそうにコメント。これには横山からも「いや、聞きたかった。村上さんのも聞きたい」との声が上がり、村上は「イメージどうですか?」と前のめりに質問。ここですかさず大倉が「音、ないやろ!」とバッサリ切り捨て、村上は「音あるわい!! 俺も!」と反論。しかし、島田からは「タンバリン!」と言われてしまい、村上は膝から崩れ落ちてガッカリ。「先生、アレンジしてくれてへんよ!」とメンバーへ訴える村上の姿に、スタジオでは大爆笑が巻き起こった。

 この放送にネット上では、「ヒナちゃんのタンバリンアレンジは逆に聞いてみたい(笑)」「仰げば尊し、アレンジによってすごい変わったね。他メンバーだったらどうなるかなって妄想しちゃう」「これがプロの仕事か~! って感動しちゃった」といった反響が寄せられていた。
(華山いの)

最終更新:2019/09/24 17:52
関ジャニ∞/十五祭 【Blu-ray盤】(Blu?ray Disc)
ヒナがカラオケで社長を接待している図が見えちゃう~!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関ジャニ∞・村上信五、『関ジャム』で意外な特技披露も「なんかヤダ」「ムダ」と不評のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ関ジャニ∞村上信五のニュースならサイゾーウーマンへ!