【連載】堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!

小室圭さんはある意味“伝統的”!? 皇女&一般人カップルに向けられる「疑い」の歴史【日本のアウト皇室史】

御一家60年の歩み 令和元年 皇室カレンダー (永久保存版)」(トライエックス)

 皇室が特別な存在であることを日本中が改めて再認識する機会となった、平成から令和への改元。最近では、女性・女系天皇論争の皇位継承者問題や秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約者・小室圭を巡る一連の騒動などが注目されているものの、実は、こんなのは大した騒動ではなかった……? 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な天皇家のエピソードを教えてもらいます!

皇女の夫候補に向けられるバッシングは、歴史的観点からも“あるある”!?

――前回は“皇女”の結婚にまつわる悲しいエピソードの数々を伺いました。眞子さま然り、皇女のご結婚は難しいものということですが、なぜでしょうか。

堀江宏樹(以下、堀江) 大きな理由は、2つあります。1つ目は、出産制限、バース・コントロールの観点から。古代日本の天皇家は子どもの人数に比較的無頓着でしたが、皇位継承権を持つ者同士の“血で血”を争う戦いが相次いだ結果、平安時代くらいから子どもの人数を制限することをヨシとする傾向がはっきりと生まれました。皇室内の親子・兄弟喧嘩は戦争に直結しがちですが、皇位継承権を持つ人数が少なければ、自然と権力闘争が起きにくくなるでしょ。天皇家のカリスマ性を保つため、そして皇族は少人数だからこそ“希少”な存在なのです。

――一般家庭に置き換えても親族同士の争いは醜いですし、終わりが見えないですもんね。それが国の象徴でもある天皇一家で起きると思うと……。そして、2つ目は?

堀江 男性側の事情です。最高位の女性である皇女に見合う“身分”、 “ステイタス”を兼ね備えている男性は極端に少ないですし、男性が尻込みしてしまう可能性もあります。また、皇女と結婚しようとする男性には、小室さんのように「皇女を自身の野望のために、“利用”するのでは」と疑いの眼差し向けられ、世間からバッシングを浴びがち。ディズニー映画『アナと雪の女王』に出てくるハンス王子のように、外国の王国の王女をたらしこみ、彼女と結婚。そして、権力を握り、影の国王になって――。みたいな振る舞いをするんじゃないかと危惧されるんです。

――実際に“ハンス王子”のような人はいたのでしょうか?

堀江 日本の皇室の歴史の中では、そこまでの話を聞きませんね。というのも、皇女がほぼ結婚していない時代が長いから。奈良~平安時代初期にかけて全体の2割程度の皇女が結婚できたという記録が残っているものの、平安時代後期になると成婚率は一気に下がり、なんとたった1人だけが結婚できたといいます。こうした記録からもわかるように、皇女は宿命的に、生きづらいものなのです。

愛と欲望の世界史
時代と国が違っても、人間が考えることは同じ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

小室圭さんはある意味“伝統的”!? 皇女&一般人カップルに向けられる「疑い」の歴史【日本のアウト皇室史】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラム日本のアウト皇室史のニュースならサイゾーウーマンへ!