心配の声が飛び交う

池江璃花子選手に「手かざし療法」? なべおさみが「沈黙貫く方針」を取る理由とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

* 柄はシンプルだけど赤が映えてとても素敵な色でした👘❤️ #新年会 #dentsu #二枚連続 #着物

Rikako Ikeeさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –

 競泳・池江璃花子選手をめぐる“民間療法”報道が、世間に大きな波紋を広げているようだ。「週刊新潮」(新潮社)に続き、8月30日発売の「フライデー」(講談社)でも、池江選手がなべおさみから、病室やなべの自宅で“手かざし療法”を受けているとする報道がなされた。池江選手側の関係者は、なべとの「プライベート交流」こそ認めているものの、治療を受けていることについては否定。しかし、両者の関係については、すでに各マスコミも取材に動いているようで、9月以降も不穏な報道が相次ぐこととなりそうだ。

 池江選手が白血病を公表したのは今年2月。そして「フライデー」によれば、知人を介してなべとの面識を持ったのは、7月頃のことだったという。

「なべの“気”“パワー”を用いた施術は、一部では有名な話で、これまでもさまざまな著名人への“治療の成果”がメディアで伝えられていました。しかし、池江選手ほどの有名人が、現在進行形で『治療を受けている』と大々的に報じられるのは初めてのことで、ネット上にも心配する声があふれ返っています」(スポーツ紙記者)

 「新潮」「フライデー」ともに、民間療法には科学的根拠がなく、また効果も期待できないと書かれているが、当事者であるなべは、ほぼ取材拒否に近い状況となっているようだ。

「なべの関係者は、施術ではなく会話をしているだけと話していますが、一方で『多額の謝礼が支払われている』という関係者の証言も。本当に治療が行われているのかどうか、また今後も継承されるのかなど、不明瞭な部分も多いため、多くのメディアがこの件についての取材を始めているようです」(スポーツ紙記者)

 両親は離婚しているとされる池江選手。一部マスコミは、「なべと面識を持ったのは、もともと母親の紹介だったと言われている点に着目。母親に関する話を聞くため、父親に接触できないかと動いているようです」(同)という。

「マスコミはほかにも、池江選手の関係者や交流のある選手にも、事実確認を行おうとしている様子です。一方のなべは、自分がマスコミの取材を受けると『余計に池江選手側に迷惑がかかってしまう』として、この件に関しては一切コメントを出さない方針を取る模様。すでに“騒動”となりつつあるだけに、今後もこの状況が続くのであれば、何らかの対応が必要となってしまうかもしれませんが」(テレビ局関係者)

 なんとも不可思議な“スキャンダル”に巻き込まれつつある池江選手。標準治療も並行して受けているという状況だけに、完治へ向かう道筋から外れることがないよう、周囲からの配慮にも期待したいと切に思う。

最終更新:2019/08/31 11:45
やくざと芸能界
民間療法一本にするのだけは避けてほしい

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

池江璃花子選手に「手かざし療法」? なべおさみが「沈黙貫く方針」を取る理由とはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報スポーツ選手男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!