『ザ・ノンフィクション』レビュー

『ザ・ノンフィクション』、『24時間テレビ』の裏で放送した障害者ドキュメントの意味

2019/08/27 16:05
石徹白未亜

NHKの金曜夜の人気ドキュメント番組『ドキュメント72時間』に対し、こちらも根強いファンを持つ日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。8月25日放送のテーマは「ある日 娘は障がい者になった ~車椅子のアイドルと家族の1年~」。事故で車いす生活となった仮面女子・猪狩ともかが再びステージに立つまでの日々を追っている。

『ザ・ノンフィクション』(日本テレビ系)公式サイトより

あらすじ

 研修生を経て25歳で激しいパフォーマンスが売りのアイドルグループ・仮面女子の正規メンバーとなった猪狩ともか。それからおよそ1年後の2018年春、レッスンへ行く途中に、強風で倒れてきた湯島聖堂(東京・文京区)の看板の下敷きになってしまう。この事故で、脊髄を損傷し車椅子生活を送ることになる。家族の支えや事務所の協力もあり「車椅子アイドル」として復帰し、世間の注目を集める一方で、「見世物」など心ない中傷も受ける。後遺症の体調不良もある中、それでもステージに立ち続け、さらに自分の活動を支える父親の負担を減らそうと、自身も車の運転を始める。ともかは、バリアフリー対応の神社へ家族旅行に出かけるなど活動的に日々を過ごす。

障がい者は明るく、前向きでないといけない?

 ともかは番組内でほぼ笑顔だったが「(自分は)明るいところしか出しちゃいけない気がして。うまくマイナスのものが吐き出せなくなっちゃって。明るくいなきゃとか。嫌な自分がいっぱい出てきてるんですよね、最近」と一度だけ涙す

 アイドルだから、そして、たくさんの人に支えてもらい生活しているのだから「マイナスな感情を出してはいけない」と考え、苦しんでいるのかもしれない。不慮の事故で車いす生活になっただけでもつらいはずなのに、こうした呪縛にまでかかっているのだ。そして、これは少なくない障害者の胸にも刺さっている“第二の矢”なのだろうかと思う。合宿に途中参加するも、リハーサルの最中に体調不良で嘔吐し、仮面女子の元気な歌がずっと聞こえ続ける体育館の片隅で、布団にくるまり寝ているともかの無念を思うと切なかった。

 今回の放送は、裏で日本テレビが『24時間テレビ~愛は地球を救う~』を放送していたが、『24時間テレビ』における障がい者の報じ方は美談調が多く、それに対する批判も多い。一方ここ数年、NHK Eテレの情報番組『バリバラ』は『24時間テレビ』の裏で「検証!『障害者×感動』の方程式」「2.4時間テレビ 愛の不自由、」といったテーマを掲げ、障害者の“本音”を伝える内容をぶつけて放送している。

 『24時間テレビ』への批判は私も同調するところはあるし、尺稼ぎにしか見えないマラソンはなくして『12時間テレビ』にすればいいのにとも思うが、一方、毎年約8~9億円ほどの募金を集めているという実績もある。そしてホームページでは、その使い道も詳細に報告されている。

 特にネット上では、『24時間テレビ』にしらけている人ほど意見を発信する傾向があるため批判的な反応が目立つものの、実際は、美談に涙する人や、走るいとうあさこを見てコンビニにおつりを募金する人が多数存在し、それが相当な金額になっている現実がある。

 美談と本音、どちらか一方のみが「正解」ではないが、選択肢があるのは“豊かさ”といえるだろう。その点で『24時間テレビ』と『バリバラ』は、いいコンビともいえる。そして今年はさらに、ともかがいた。

さあ、バリアフリー温泉旅行に出かけよう!
視点の豊かさは他者への寛容につながるよね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『ザ・ノンフィクション』、『24時間テレビ』の裏で放送した障害者ドキュメントの意味のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! フジテレビザ・ノンフィクションのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ