【ジャニーズJr.チャンネル便り】

7MEN侍の初登場回が好評、美 少年・金指に“別人格”現る【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、Snow Man(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、8月15日~21日公開の動画をチェックします!

Travis Japan、宮近発信の“私服ドッキリ”実行

 15日の動画は、「Travis Japan【宮近ドッキリ】博多でファッション企画のはずが…」。彼らはKis-My-Ft2のツアーで福岡県に滞在しており、前週(8日)は中村海人プレゼンツの寝起きドッキリが公開されていた。ドッキリ企画は2週連続となり、宮近海斗以外は「博多の街で誰の私服が一番センスが良いかを決める」というファッションに関するロケだと思っていたようで……。まず、冒頭は自慢のオシャレ着をチェック。中村はデニムの裾を深めに折り返していたが、川島如恵留が「丈長いの買っちゃったの?」と聞くと、「知らないの? これ、今のオシャレなんだよ。ツンツン」と、おでこを“ツンツン”した(やることが可愛い)。

 洋服に興味がない吉澤閑也は「中身がカッコよければカッコいいじゃん」と名言を残したほか、七五三掛龍也は「脚が細いから、それを生かしてスキニーパンツにして」と、自身のスタイルを考えた上でのコーディネートだと告白。ラストの宮近はTシャツにゆったりとしたパンツ、サンダル、キャップとラフな装いで、「ダメージがないようにしました」と、意味深に語った。この後は街へ繰り出すかと思いきや、宮近の案内でやって来たのは、那珂川沿い。戸惑うメンバーをよそに、宮近は川に浮かんでいる人たちに「本日はお世話になります!」と、声をかけた。実は撮影の本題はオシャレ対決ではなく、「オシャレ着で落ちるな危険 SUPでガチンコ川下り対決!」。カンペを見た松倉海斗は「はぁ!?」と真顔になり、七五三掛も「絶対ヤダ! 絶対ヤダ! 絶対ヤダ!」と、抵抗した。

 実際に行うのは、2人ずつに分かれた計3チームが私服のままSUP(サーフボードの大きい板)に乗り、ゴールを目指す川下りゲーム。当然、仕掛け人の宮近はメインテーマを把握済みで、「僕が1人で乗って、みなさんやってもらいます」と、お知らせ。これは宮近の持ち込み企画だといい、「打ち合わせをここに来る前からしてました」と、ネタバラシした。舞台が「川」という時点でスリリングであり、6人お気に入りの私服がどうなってしまうのか、この後の展開を見る前にワクワク感が高まってくる。7月公開の神奈川・鎌倉編は一般人へのインタビューロケがファンの間で不人気だったが、個人的に今回は宮近の着想だけでも評価に値する。ちなみに、似たような川下り対決は、7月に美 少年が日焼け止めのプロモーション動画「【SUP体験】水上スポーツでバトルロイヤル!」で挑戦しているため、「Jr.チャンネル」サイドとしても微妙に設定を変える必要があったのかもしれない。

 その後、イマイチ納得できていない様子のまま、メンバーはグーチョキパーでペアを決め、川島&中村、七五三掛&松田元太、松倉&吉澤の組み合わせとなった。SUPに乗り込むと、さすがに下半身は水着にチェンジ。それぞれ練習するうち、川島&中村チーム以外は早くもコツを掴んでいた。七五三掛&松田チームのみ、ボードの上に立たずに座ったままの姿勢でパドルを動かし、「本番でやろう」(七五三掛)「いけるよ、俺らなら」(松田)と余裕たっぷりに発言。全長約700mの特設コースにてレースが始まると、松田は「ちょっと膝曲げた方がね、安定するわ」と、七五三掛にアドバイスを送った。さすがジャニーズだけあって、ぶっつけのチャレンジでもうまくバランスがとれたのだろう。さらに、松田が「内股だと安定するわ」「めっちゃ腰落とせばいけるわ」(11分7秒頃)と秘訣を見つけ、これ以降は急加速に成功した。

 3チームとも声を掛け合いながら必死に進む中、審査・実況を担当する宮近は「平日の朝からSUPしてま~す!」と、満面の笑み。1位の七五三掛&松田と2位の川島&中村チームが接戦を繰り広げる間、松倉&吉澤はすでにビリが確定していた。「やべぇ、これ。なんかもうコメントもできねぇ……」(吉澤)と疲労の色をにじませた時には、いつの間にかボードに座り込む宮近が「頑張って~。まだチャンスある」と、ゆる~いテンションで励ます場面もあった(もはや、この川に長年住んでいるようなくつろぎモード)。最終的に七五三掛&松田が1位で逃げ切り、七五三掛は「(立つ)練習しなくてもノリでいけちゃいました」と、うれしそうにコメント。

 はるか後方の松倉&吉澤チームは、前の松倉がよろけてしまい、ひっそりと2人で水没していた。吉澤は「最悪なんだけど! 私服なんだけど、マジ!」と声を荒げ、足を滑らせて落下したときも「もう、なんでこんなに落ちなきゃいけないのぉ~!? 落ちたくないよぉ~」(16分14秒~)と、半泣き状態。負けた2人は、次回の動画で語尾に「とんこつ」「めんたい」をつけて話さなければならないとか(私服が濡れただけでも十分罰ゲームでは……)。コメント欄を見ると、ファンは七五三掛&松田チームの勝因について、「体重が軽い」「練習で体力を温存したこと」「しめちゃんは、洋服もだけど前髪も水から守りたかったんだね」と、分析している。SixTONES、Snow Manの同時デビュー(2020年)が発表された影響か、Travis Japanファンは数字面で結果を出すことに注力しており、再生回数は45万台(23日時点)と、以前よりもハイスピードで伸びていた。

ステージスクエア vol.35 [King & Prince×HiHi Jets『JOHNNYS' King & Prince IsLAND』] (HINODE MOOK 529)  King & Prince×HiHi Jets
れあたんが笑顔になれること、増えるといいな~

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

7MEN侍の初登場回が好評、美 少年・金指に“別人格”現る【ジャニーズJr.チャンネル週報】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.HiHi Jetsのニュースならサイゾーウーマンへ!