【ジャニーズJr.チャンネル便り】

SixTONES、「ただのイジメ」「高圧的で怖い」とコントめぐり怒りの声続出【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、Snow Man(水曜)Travis Japan(木曜)SixTONES(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、8月2日~7日公開の動画をチェックします!

「蓮とビス」Snow Man・向井の参加でコントが成立

 通常の「Jr.チャンネル」は、月・火曜日以外にそれぞれ5グループの動画がアップされているが、7月29日より5組出演の特別企画「蓮とビス(はすとびす)」がスタート。「7夜連続」と打ち出したわりに更新が遅れて1日2本になる回もありつつ、8月4日分をもってついに完結した。前回の記事にて、筆者は4話までの感想を「意味がわからない」「カオス」と、やや否定的に表現していたが……。最後まで見た現在の心境は、正直言って「これなら全員で普通にフリートークやゲームをした方が良かったのでは……」と、モヤモヤした気持ちが残ってしまった。というのも、一部メンバーの言動によって、結果的にファン同士が揉める原因を生み出すなど、一概に“大成功”とは言えない内容だったからだ。

 そもそも、これは「ドラマ風?ワンシチュエーションコメディー!」と銘打ったもので、「稽古なし、リハーサルなしのいきなり本番収録スタイル」で撮影が行われたという。物語の設定は「ちょっとだけ未来の東京・葛飾区に存在するカフェでのお話」で、Snow Man・深澤辰哉はカフェのマスター、SixTONES・ジェシーがカフェのアルバイト役を演じている。1~4話は、タイトルの「西部劇を愛する葛飾ウエスタン高校」「筋肉を愛する墨田スクワット体育高校」「波を愛する江戸川サーフィン水産高校」「足立油田高校…おぼっちゃま兄弟現る!」に沿って、SixTONES、Travis Japan、Snow Manメンバーがユニットの超えた組み合わせで登場していた。ストーリーの合間には、ミニゲームも盛り込まれており、4話に出てきた美 少年(渋谷区生まれのイケメンアイドル・シャイニーズ役)が、自分たちの動画で過去に行ったドゥビドゥバドゥゲームを楽しむ姿も。

 そして、5話はカフェのバイトを演じるSnow Man・向井康二が「ふっかさん、カメラOKです」と、何やらカメラをセッティングするシーンから始まり、お客さん役のTravis Japan・中村海人、松倉海斗、松田元太、宮近海斗、吉澤閑也、Snow Man・宮舘涼太の会話パートへ移行する。この後、カフェ内ではバイトの面接を実施するとのことで、「何ができる人探してるんですか?」(宮舘)と聞かれた深澤は、言いづらそうに「編集」「編集っていうか。まぁ、パソコン?」と、返していた(ここで深澤が『編集』の言葉を誤魔化した理由は、後に公開される動画内で判明する)。

 まずやって来たバイト候補者は、やたら声の大きいSnow Man・佐久間大介。現場のカフェはシンプルでオシャレな内装だが、「佐久間くんがうちで働くと、メリットってあるのかな?」(深澤)の質問に対し、「僕は、ここをメイドカフェにしようと思っています!」(佐久間)と的はずれな回答。すかさず、向井は「絶対アカンやん!」と吠え、メイドカフェに乗り気な深澤が「お帰りなさいませ、ご主人さま~!」とメイドになりきった時も、「もう実践してる!」とツッコミ。

 同じバイトの立場のジェシーは、他者の演技やセリフのリズムを乱すほどボケ倒していたが、5話は代わりに向井が入ったことで、抜群に“見やすく”なっている。関西Jr.時代に鍛えたコントのセンスが光り、向井は「ドラマ風?ワンシチュエーションコメディー」というブレブレな世界観における“調整役”として、うまく機能していると感じた。そんなバランサーの向井も、次のバイト志望者・Snow Manの阿部亮平が入って来た際は「店長は僕です」とボケをかますなど、笑いに貪欲な姿勢が微笑ましい。

 以降、面接の場面も「阿部くんは、メイドの経験ってある?」(深澤)「あるわけないでしょ」(向井)「2年ほど」(阿部)「あるん!?」(向井)「うちはまぁ、見ての通りメイドカフェなんだけどさ」(深澤)「えっ、どこがですか?」(向井)と、向井効果でテンポの良いラリーが続く。最後のTravis Japan・七五三掛龍也も含めて3人がバイトに受かると、8分頃からは、もはや「Jr.チャンネル」レギュラー・ノニジュース(においの強い健康ドリンク)を賭けた一発芸大会に発展。思わず「可愛い!」と声に出したくなる“ツンデレメイド”の阿部(13分27秒頃)や、向井&深澤のコントローラーを使ったコンビ芸(16分21秒頃~)も、注目ポイントだ。

 コメント欄やSNS上では、「SixTONES推しだけど、これまでの回で1番コントとして成り立ってて面白かった。Snow Manスゴい」「視聴者を置いていかない笑いで面白かった! 向井くんいいね!」「康二いるからか、コント感があって見やすかった」「トラジャも萎縮してないし、適度な後輩感が可愛い。スノトラ、もっとコラボしてほしい!」と、高く評価されていた。5話の再生回数は9日時点で38万台。

J Movie Magazine (ジェイムービーマガジン) Vol.44 【表紙】 SixTONES『映画 少年たち』 (パーフェクト・メモワール)
閑也のことはサイ女が守ってあげる!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

SixTONES、「ただのイジメ」「高圧的で怖い」とコントめぐり怒りの声続出【ジャニーズJr.チャンネル週報】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.SixTONESのニュースならサイゾーウーマンへ!