「元極妻」芳子姐さんのつぶやき57

芸能人はヤクザが好き!? 元極妻が考える「暴力団と芸能界」

美空ひばり公式プロフィールより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

■吉本興業問題に元組長が発言

 この暴排の世の中で、「発言する元親分」がここまで増えるとは、誰が想像できたでしょう。元山口組の直参(二次団体)の天野組・天野洋志穂(よしお)元組長が「週刊ポスト」(小学館)のインタビューに応じて、吉本興業問題を「スケールが小さ過ぎてイヤになる」とコメントしたことが話題になっています。

 お写真で見る限り、数えで傘寿の天野元組長は、とてもお元気そうです。そもそもヤクザや元ヤクザが元気で長生きする時代が来たというのもすごいですね。天野組長は、山口組の中でも「武闘派」と呼ばれた方で、1997年に射殺された宅見勝若頭の宅見組の副組長でした。若頭の仇(かたき)である中野会の副会長を、キッチリ若い衆に撃たせています。このことは、中野会の中野太郎元会長の著書『悲憤』(講談社)にも詳しく書かれています。中野会副会長も人望があったそうで、中野元会長もショックと怒りを隠せなかったそうです。思えば中野元会長も「発言する元親分」ですね。やはり当事者の言葉は重いですね。

■山口組との「関係」で干された美空ひばり

 「週刊ポスト」の天野元組長へのインタビュー内容は、芸能界とヤクザの関係が中心でした。まあ登場人物は高倉健さんとか勝新太郎さんとかなので新しくはないのですが、昔はそれなりにカタギと親分衆が仲良くできていたことはわかります。

 ただ、よくいわれる美空ひばりさんと三代目山口組の田岡一雄組長の関係は、当時も問題視されていました。もちろん今ほどの大問題にはなっていませんが、「暴力団組長と付き合うような歌手は『紅白歌合戦』に出演させるな」といった苦情がNHKにたくさん寄せられたそうです。その頃にひばりさんの実弟さんが不祥事を起こしてしまい、さらにバッシングも強まっています。でも、ひばりさんが実弟さんや田岡組長から離れることはありませんでした。

 結局、ひばりさんは73年末には紅白出場を辞退させられています。それまで17回も出場して、63年から10年連続の紅組トリを務めたのに、その後は特別出演などはあっても正式な出場はしていないとウィキペディアにもあります。半世紀近く前の話ですが、構造的には今と変わらないんですね。

新品本/極姐2.0 ダンナの真珠は痛いだけ 待田芳子/著
ヤクザから見る芸能史

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

芸能人はヤクザが好き!? 元極妻が考える「暴力団と芸能界」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやきのニュースならサイゾーウーマンへ!