高橋ユキ【悪女の履歴書】

【品川同性愛者殺人事件・前編】誰にもチヤホヤされない――41歳、元お嬢様に生まれた「闇」

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

 顔が大きいことを気にしていたというが、本人が思うほど大きくは感じない。むしろ、整形を経たとはいえ、目鼻立ちのはっきりした顔立ちは、ノーメイクでも際立ち、人目を引く。だが上下黒のジャージに、うつろな表情でうつむき、刑務官に縄を引かれ、足を引きずるように入廷するその様子には、憂鬱さしか漂っていない。かつて新宿2丁目でバーを複数経営し、行く先々でピンクのドンペリを開けて飲み歩いていたという華やかな生活の片鱗は、どこにも探すことができなかった。

【第4回 品川同性愛者殺人事件】

 スナック経営者の鈴木友幸(ゆうこ・当時39)が遺体となって発見されたのは、2005年4月のこと。大家から家賃滞納の連絡を受けた母親が、東京都品川区西五反田の自宅マンションを訪ねた際に、変わり果てた娘の姿を見つけた。胸や腹などを18カ所刺されており、死後1カ月が経過していたという。

「玄関で娘が布団をかぶってうつぶせに寝てました。酔っ払って寝てるのかと思って布団をバッとめくったら……死んでました。髪の毛に血がべったりついていて固まっててね」

 泣きながら母親は、さらにこう続けた。

「娘はいつも『みんな嫌うけど、そんなに悪い人じゃないよ』って前田をかばっていたのに。なんで殺されたのか、早く本当のことが知りたい……」

 鈴木さんの家からはクレジットカードが紛失しており、これを鈴木さんの死後、使われた形跡があった。また、事件までこのマンションに同居していた“前田”が、同年3月下旬から4月上旬にかけて複数の知人に「もう戻れないことをした」「鈴木さんを刺してしまった」などと打ち明けていたことから、警視庁はこの“前田”を犯人と断定。全国に指名手配した。

 “前田”と母親が呼び捨てにしていた人物は男性ではない。鈴木さんの恋愛対象は女性で、指名手配された前田優香(事件発生当時41)とは恋人関係にあった。2人の出会いは事件からおよそ2年前。優香はこの頃、やぶれかぶれだった。だがそこから遡ること10年ほど前、新宿2丁目でバーを経営していた頃は羽振りが良く「3000万円から4000万円ぐらいなら好きに使える」と豪語していたこともあった。酒が好きな優香は、一晩で10万円近くの飲み代を払うこともザラだったという。

「彼女と知り合ったのは、彼女が新宿2丁目でスナックのママをしている頃でした。派手な帽子をかぶり、顔立ちが魔女に似ていることから、店では『魔女』と呼ばれていました。大原麗子と岩下志麻が好きだったらしく、2人の名をとって『大原志麻』などと名乗ったこともありました」(優香を知る男性)

「いつもシャネルのスーツとかブランドの服を着てゴージャスなイメージでした。男性からも女性からもモテる人でしたね。当時、彼女が岩下志麻の大ファンだったので、愛称は志麻ちゃん。いつもピンクの大きな帽子をかぶっていて『帽子の志麻』と呼ばれていた時期もあった」(元従業員)

「志麻ちゃんは酒飲むと手がつけられなくてね。酒が入ると男女問わず『なんだこのやろう』って胸ぐら掴んだり喧嘩売ったりしてた。いつも羽根のついた帽子をかぶって、ドレスみたいな服を着ているのに酒乱なもんだから2丁目周辺では結構な有名人だったわ。でもまさか人殺しで指名手配されるなんてねぇ」(2丁目のバーの店員)

 派手な帽子と高級ブランドの服に身を包み、飲みに行けばピンクのドンペリを開ける優香は、かつて新宿2丁目で羽振りの良さとその奔放さが目立っていたが、ある日を境に、この町から姿を消した。当時付き合っていた男性から金を騙し取られて生活にも事欠くようになったのだ。店を手放したのちの優香は、五反田でデリヘル嬢として働きながら、新たな交際相手の男性から小遣いをもらう生活をしていた。

新宿二丁目
愛されてるとは思ってない、ってしんどいな……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

【品川同性愛者殺人事件・前編】誰にもチヤホヤされない――41歳、元お嬢様に生まれた「闇」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書高橋ユキのニュースならサイゾーウーマンへ!