吉本は大炎上

田村亮は「芸能界追放辞さない」覚悟も……宮迫博之に「パワハラ暴露は打算的な思惑」の疑惑

2019/07/24 12:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman
主役から降りようとしています?

 雨上がり決死隊・宮迫博之ら吉本芸人の“闇営業騒動”をめぐり発覚した“吉本興業パワハラ問題”。世間は、宮迫への糾弾から一転、吉本を強く批判し始めたが、芸能関係者の中には、宮迫の抱える諸問題が「なかったことにされている」状況に、疑問を抱く者もいるという。

「宮迫の問題点といえば、やはり反社会的勢力からギャラを受け取っていたこと、加えて『もらっていなかった』とする後輩芸人との口裏合わせを主導したことの2点。しかし、ロンドンブーツ1号2号・田村亮とともに7月20日に行った会見で、吉本興業・岡本昭彦社長のパワハラめいた言動を暴露したことにより、その問題点はうやむやにされ、さらに多くの芸人が宮迫側の擁護に回りだしました」(スポーツ紙記者)

 その2日後、岡本社長が記者会見で、言い訳じみた発言を連発したことで、「吉本悪し」の論調はさらに強まることになった。

「宮迫は会見時点で、亮に比べて『発言が演技に見える』などと批判されていましたが、岡本社長の『連帯責任で全員クビ』発言を暴露したことで、世間の注目がそちらに移行した。特に記者から質問されたわけでなく、宮迫自ら明かしたとあって、この暴露は批判の矛先を、自らから社長に向かせるため、意図的に行われたものではないかと見えるのです」(同)

 また会見時、宮迫が今後について「この仕事しかしたことがない」として、芸能活動の継続を示唆していたことにも、「打算的な思惑が見え隠れしていた」(テレビ局関係者)との声も。

「亮には『芸能界から追放されても構わない』という気概を感じましたが、一方の宮迫は、事前に明石家さんまに相談を行っていたと報じられたこともあって、“決死の告発”というよりは『亮に乗っかっている』フシも。若手芸人の吉本に対する不満を“扇動”することで、自身への批判を打ち消しているようにも感じられました」(同)

 ダウンタウン・松本人志や極楽とんぼ・加藤浩次は、この会見を受けて、吉本が“芸人ファースト”の精神を失っていることについて批判的なスタンスを打ち出しているが、現在、SNS上で吉本批判を繰り広げている若手芸人の多くは“ギャラ問題”を話題にしている。

「ギャラ問題は、社長の会見時に記者から飛び出した質問で、宮迫の会見では触れられていない。ギャラ問題の議論が盛り上がれば盛り上がるほど、宮迫は問題の中心から外れますし、この展開は願ったりかなったりでしょう」(同)

 ちなみに、このギャラ問題に関して、吉本の中堅芸人は「所属事務所に対して、不満が一切ない芸人など、1人もいないでしょう。確かに若手の取り分は少ないものの、案件によって割合は変わるし、売れて会社への貢献度が高まれば、どんどん上がっていくのも事実です。ギャラの配分が『芸人:吉本=1:9』の若手もいれば、大物の中には『9:1』を超える、という話もある。若手もそれを知っているから、『辞めることにしました』と宣言する者は皆無なのでしょう」という。

 宮迫が行った“暴露”の真意が、「吉本の諸問題を少しでも改善したかった」ではなかった場合、何かのきっかけでバッシングの矛先が、また宮迫に向かってしまうかもしれない。

最終更新:2019/07/24 12:16
島田紳助はなぜ好きな事をして数十億円も稼ぐのか
そしてここで満を持して島田紳助登場の流れ?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

田村亮は「芸能界追放辞さない」覚悟も……宮迫博之に「パワハラ暴露は打算的な思惑」の疑惑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ