[ジャニーズ・メディアの裏側]

郷ひろみの追悼コメントはナシ? ジャニー社長の死去めぐる、ジャニーズとバーニングの対応は……

郷ひろみ退所は大失恋だった?

 ジャニー喜多川氏の死去について、ジャニーズ事務所から、所属アイドルたちによる「追悼コメント」が次々と発表されている。また、時代を築いた大物プロデューサーの訃報とあって、所属タレント以外からも多くのお悔やみが寄せられている中、メディア関係者が取り扱いに頭を悩ませているのは、“元ジャニーズ”の存在なのだという。

 連日、テレビやスポーツ紙がジャニー氏の死去、またジャニーズ事務所の今後に関するニュースを伝えている状況の中、ある元ジャニーズについての紹介はタブー扱いされているようだ。

「ジャニーズは基本的に、退所者に対して風当たりの強い事務所として知られています。大半の退所者を、現役の“共演NGタレント”に指定していて、場合によっては、メディアに対して『元ジャニーズを出演させないでほしい』と直接要求することも。今回のお悔やみコメントに関しても、1970年代にバーニングプロダクションに移籍した郷ひろみについては、ジャニーズサイドから『お悔やみは紹介しないでほしい』といった通達があったと聞いています」(テレビ局関係者)

 郷の退所の理由には、「強引な引き抜きにあった」「家族の希望で」など諸説あるものの、「決して“いい辞め方”ではなかったと言われています」(同)という。

「バーニングサイドもそれは承知しているようで、問い合わせのあったメディアに『郷がコメントする予定はありません』などと応えているといった話も。ジャニーズ、バーニング双方の『阿吽の呼吸』で、こうした措置が取られるようになったようです」(同)

 また“元ジャニーズ”をめぐっては、一部からこんなウワサも出ているそうだ。

「すでに退所した元Jr.は、ジャニーさんのお見舞いに行っても、病室に入れなかったと聞きました。本当に『元Jr.だから』という理由だけで入れなかったのか、また、誰の判断でそうなったのかは定かではないものの、本人たちは複雑な気持ちになったのではないでしょうか」(別の元ジャニーズJr.)

 ジャニー氏のスタンスは“去る者追わず”で、ジャニーズから離れた元所属タレントに対して、活動の妨害などは決してしなかったとされる。後日開かれるというお別れの会では、ジャニー氏にお世話になった全ての人間が、等しく「お別れ」ができることを祈りたい。

最終更新:2019/07/12 21:46
“郷ひろみ”という生き方〜60歳のエンターテイナー〜
ジャニーさんのスペオキって「郷ひろみ似」なんだよね……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

郷ひろみの追悼コメントはナシ? ジャニー社長の死去めぐる、ジャニーズとバーニングの対応は……のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニー喜多川元ジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!