知られざる女子刑務所ライフ68

元女囚が考える岡崎聡子さんの逮捕――更生の早道はステキなパートナーを見つけること

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■「普通の子ども時代」を送れてなかった?

 びっくりしましたね、「和製コマネチ」こと岡崎聡子さんの14回目の逮捕。こんなにたくさんの逮捕回数は、死刑になったオウムの教祖くらいだそうですよ。逮捕回数でメダル……とか不謹慎なことを思ってしまいました。

 ニュースによると、4月下旬に都内の交番に「物をなくした」と言いに来た時に、もう言動がおかしくて、尿検査したら覚醒剤の陽性反応が出たそうです。「重度の依存症」ゆう報道も目立ちますね。

 それにしても岡崎さんの事件は残念です。岡崎さんはもう還暦間近で、私より大先輩なんですが、小学1年生から中学2年まで体操をやっていた私にとって、大スターでした。だって15歳でオリンピックですよ? あのコマネチと同い年で。岡崎さんの妹さんも選手で、「体操一家」として有名でしたね。

 シャブ以外での(笑)岡崎さんと私の共通点は、子どもの頃から体操の英才教育を受けていたため、ちゃんとごはんを食べられなかったことかなと思います。オリンピックには程遠い私ですら、食べ盛りなのに給食ではなく「野菜ジュースとサラダ」みたいな食事を一年中続けてました。太ってると平均台から落ちた時とかのケガが重くなるからなんですが、生理は止まるし、空腹でイライラするし、ええことは何もなかったですね。実は、苦労のかいあって、大阪ではかなり上位のランクやったんです(ちょっと自慢)。

 私は転校もあって体操をやめたんですが、「普通の女子中学生の生活」の気楽さに、最初はめっちゃ驚きました。すぐになじみましたけど。岡崎さんは、ケガで引退後もエアロビクスの普及をがんばったりしてましたから、心が休まる時がなかったのとちがいますかね。

 ちなみに清原和博さんも子どもの頃から野球だけやってきて、引退して急にやることがなくなって、どうしていいかわからなかったそうですね。それで暴飲暴食のち糖尿病、そしてクスリ……となっていったようです。

 映画の子役さんも、小さい頃はチヤホヤされて、大きなったら仕事がなくなって「転落コース」もけっこうあります。子どものうちに子どもらしい生活ができないのはアカンかなとも思いました。

女子刑務所ライフ!
支えてくれる人が必要

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

元女囚が考える岡崎聡子さんの逮捕――更生の早道はステキなパートナーを見つけることのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!