“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第464回】

ジャニーズ御用媒体「女性自身」がまるで“ジャニー喜多川追悼”のように掲載した記事

女性週刊誌が打ち上げネタ好きなワケ

 ずっと不思議に思ってきた。女性週刊誌と写真週刊誌はドラマや映画の打ち上げネタが好きだ、と。今週も3誌合計で4本の打ち上げ記事が掲載されている。

 しかし、いつも思うが、打ち上げネタはワンパターンだ。誰それが出席した、その中の誰が二次会にも行った、朝まで宴会は続いた、有名俳優がどんな服装だったか、ビンゴ景品が豪華だった、主役俳優が場を盛り上げた――。こうした情報は本当に需要があるのだろうか。読者が喜ぶのか。毎回毎回同じような内容で、どんな興味があるのか。

 でも雑誌にとっては楽チンなんだろうな。スタッフの多くも出席する打ち上げの情報は簡単に入手できるし、出席芸能人や場所も時間も特定できる。だから熱愛スキャンダルのような過酷な張り込みも必要ない。同じようなパターンで誕生日に張り込むというやつもあるが、それに比べても打ち上げ取材は楽チンだ。出入りする有名芸能人をキャッチし、写真を撮れる可能性もかなり高い。誌面的にもおいしい。

 でも、面白くないんだよね。打ち上げネタ。

 かなり気になる記事が「自身」に掲載されている。それが田村正和の“近況”を報じた記事だ。昨年2月の『眠狂四郎The Final』(フジテレビ系)出演以降、芸能界引退状態の田村だが、そんな田村を「自身」が直撃した。ウオーキング中の田村だったが、それに応じ、心臓手術をしたが、妻とともに健康的な生活を送っていること、もう十分に仕事もし、やり切ったから「静かに死にたい」とまで口にしている。

  直撃取材としては大成功だ。しかし――。記事に掲載されている田村の写真はやはり2年前に「自身」が直撃した際のもの。今回のはない。これだけ長く直撃取材に応じているのになぜ? 田村に拒否された? 現在の姿を晒したくないとしたら、心配だ。

最終更新:2019/06/25 21:00
ジャニーズで今、何が起きているのか?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャニーズ御用媒体「女性自身」がまるで“ジャニー喜多川追悼”のように掲載した記事のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!