楽しんごインタビュー

楽しんごが激白「吉本契約解除の真実」! 闇営業先との“金銭トラブル”に「悔しい」

新宿二丁目で楽しんごを直撃!

 6月7日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)の報道により、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也をはじめとした吉本興業所属タレントによる“闇営業トラブル”が公になった。この騒動から派生して、2019年3月末で吉本興業を離れた楽しんごが、「実は闇営業でクビになっていた」として話題になっている。

 しかし、当の本人はというと、自身のTwitterに寄せられた心配の声をよそに「痛くも痒くもない」「(フリーでの活動を)むしろ楽しんでますよ」とツイートしており、闇営業先となる予定だったペット会社に対しては「最初から吉本所属だとわかってんなら、僕じゃなく吉本に連絡するのが筋だろうが!」とけん制する始末。果たして何が“真実”なのか、東京・新宿二丁目で本人を直撃した。

 吉本幹部をして「“キング・オブ・闇営業”と言わしめる存在だった」(芸能記者)という楽しんご。本人としても、ここ1~2年ほどは「吉本を通じた仕事依頼はまったくなかった」と言い、闇営業で収入を得るしかなかったという。

「会社から注意を受けることも多く、今回、契約関係が解消となったのは“チリツモ”の結果なんでしょう。ずっと正規のスケジュールは真っ白だったんで、少しでも仕事があれば、こんなことにはならなかったのかなと思うんです。でも、こうなった以上は前を向いて進んでいくしかない。ただ、ここまで育ててくれ、ずっと見守り続けてくれた吉本には、感謝しかありません」(楽しんご、以下同)

 今回の“楽しんご闇営業で解雇”報道はネット上で反響を呼び、Twitterの“トレンド”入りを果たした上、Yahoo!ニュースのトップも飾った。

「こういうネガティブな話の方が、盛り上がるんですね~。ここまでニュースになったのは、ブレークした時か、元カレとケンカして警察沙汰になっちゃった時以来かも(笑)」

 しかし、テレビでの露出はまったくなくなってしまったとはいえ、直接の仕事依頼(=闇営業のオファー)は絶えないという。

「闇営業じゃねえよ! もう正規窓口が僕自身になったわけですから。本業のマッサージに加えて、トークショーからコント、イベントの盛り上げ役まで、さまざまなオファーをいただいています。むしろ、吉本を辞めた後の方が依頼は増えたかも。今はマスコミからの取材依頼も殺到していますしね」

楽しんご♡DVD みんなの疲れを癒しんご
楽しんごのメンタルの強さを見習いたい

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

楽しんごが激白「吉本契約解除の真実」! 闇営業先との“金銭トラブル”に「悔しい」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!