闇が広がる……

カラテカ・入江慎也、闇営業スクープめぐる怪文書!? 「山里&蒼井の結婚会見は火消し」説の真相

 6月7日発売の「フライデー」(講談社)のスクープによって、所属の吉本興業から契約を解消されたカラテカ・入江慎也。2014年末、入江は詐欺グループが開催した忘年会で“闇営業”を行い、雨上がり決死隊・宮迫博之ら複数の芸人を仲介していたことから、事態を重く見た吉本サイドは“一発退場”の処分を下したという。そんな中、同誌発売前夜から、メディア関係者の間では、「怪文書」の存在が取り沙汰されているそうだ。

 入江の契約解消は、「フライデー」が発売前日、ウェブサイト「FRIDAYデジタル」で同スクープの記事を先行配信した途端、多くのメディアが後追い報道し、トップニュースに。すぐさま入江と付き合いがある複数のメディア関係者が接触を図り、7日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、その前夜に行った本人への直撃電話取材が放送された。

「一方、週刊誌界隈では、入江だけでなくほかの芸人らも“闇営業”の実態を把握していたのではという疑惑、さらには吉本サイドが報道に際して何らかの裏取引をしていたのではないかといったウワサが駆けめぐっていました」(週刊誌記者)

 そんな中、今回のスキャンダルをめぐって、ある「怪文書」が存在しているといった情報も飛び交っていたそうだ。

「本当に存在しているかも不透明ですが、その文書には2つの内容が記されているそうなんです。一つが、スキャンダルの火消しをするために、入江の吉本退所が報じられる前日、あえて南海キャンディーズ・山里亮太と蒼井優の結婚会見を行ったというもの。もう一つが、吉本が入江以外の芸人たちを守るため、詐欺グループのバックにつく反社会的組織の関係者と何らかの取引を行い、『入江のみ解雇』で話をつけたというものだとか。複数の週刊誌記者が、この文書は本当に存在しているのか、奔走していたといいます」(同)

 しかし、さる吉本関係者は、この文書の内容を一笑に付す。

「まず山里の結婚会見は、1カ月ほど前のゴールデンウィークあたりから、極秘裏に日程を合わせていたと聞いています。むしろ、入江のスキャンダルとかぶるのは“悪影響”だとし、会見の日程を動かすべきかといった話にまでなっていたほどだとか。それに、そもそも会見をぶつけるにしても、『フライデー』の報道と同日でないと、効果は薄いと思いますが……」

 さらに“反社会的組織との裏取引”というのも、現在の吉本の体制を考えれば、「あり得ないことでしょう」と断ずる。

「万一、反社組織との取引が明るみに出た場合、それこそ会社が潰れるレベルの話になる。いくら宮迫らを守りたくても、そんな判断を下せるほど、今の社会は甘くないことぐらい重々承知のはずです」(同)

 各メディアは現在、「入江と同じことをした芸人を探し回っている」(前出・記者)という情報もある。芸人と闇営業をめぐるスキャンダルは、今後も頻発してしまうのだろうか。

最終更新:2019/06/08 11:45
新品本/入江式のしあがる力 入江慎也/著
ちょっと待って、交際1カ月で会見予約してたの?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

カラテカ・入江慎也、闇営業スクープめぐる怪文書!? 「山里&蒼井の結婚会見は火消し」説の真相のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!