【連載】ハナイチゴ・関谷がガイド!  女性風俗案内所

女性向け風俗にハマった“女芸人”の告白! 「きっかけは高橋由伸似の“神ワザ”」

ハナイチゴ・関谷友美さん

 「女にも性欲」がある――そんな当たり前のことが広く知られるようになり、女性向けセルフプレジャーグッズや、イケメンAV男優が出演するアダルト動画などが、身近な存在になりつつある中、それでも「女性向け風俗」は男性向け風俗に比べ、まだまだ未知の領域かも? そんな中、Twitterやラジオ、インターネット番組で、自らの女性向け風俗の体験談を赤裸々に語っているのがお笑いコンビ・ハナイチゴの関谷友美さん。女性向け風俗の世界を関谷さんに案内してもらいます!

きっかけは共演者からの体験談

 みなさん初めまして。女性向け風俗が大好きなハナイチゴ・関谷です。私が女性向け風俗を知ったきっかけは、テレビ番組の共演者から聞いた話でした。「プロのテクニックを知ると、素人には戻れなくなるよ!」と絶賛するので、性欲よりも「女性向け風俗って、どういうものだろう?」という“未知”なる世界への興味から、風俗店の詳細やサイトを教えてもらったことが始まりです。

 共演者に詳細を教えてもらったものの、なかなか踏み込めず、3カ月間ほど毎日風俗店のホームページを見て過ごす日々が続きましたが、あれは忘れもしない2017年12月23日。通常料金1万5,000円のところ1万円になる「クリスマス割引」というものを見つけたのです! 相変わらず迷っていましたが、楽屋にいた男性芸人に話したところ「絶対行きなよ! 今日、今予約した方がいい!」と後押しされ、その場の“勢い”で初めて予約することになりました……。

ぶっちゃけ「女性向け風俗」ってなに?

 女性向け風俗を知らない人は、“どのような”サービスをしてくれる場所なのか、まったく想像つかないと思います。簡潔に言うとオイルやパウダーを使い、性感マッサージをしてくれるところです。ちなみに「本番行為」は禁止ですからね! 

 基本的にマッサージを行う場所はホテルが多く、マッサージの料金相場はコースにもよりますが60分1万5,000~2万円。自分好みの男性を独り占めして、2万円ちょいって意外とリーズナブルだと思いませんか?

 さて肝心の“どんな男性が来るのか……”ですが、基本的に男性向け風俗と同じで“指名”できます。風俗店のホームページには、セラピストの雰囲気がわかる写真やセクシーな上裸写真に加え、年齢や「細マッチョ」などの体形、さらには「ワイルド系」「アイドル系」「塩顔系」のような容姿のジャンルもプロフィールに記載しているんです。なので、自分好みのセラピストを指名できちゃいます。

 セラピストのプロフィールを隅々までチェックしたら、電話かホームページから予約します。最近はLINEで予約できるお店もありますが、私の場合、初めての利用だったので電話から予約をしました。電話であれば、わからないことや確認したいことなど質問できるので、不安も解消できるかもしれません。男性芸人の中には風俗店で偽名を使う人もいますが、私は初め、緊張のあまり、“関谷友美です”って堂々と本名を名乗っちゃいましたね(笑)。

エロメン一徹のアルティメットレクチャー VOL.1
自分へのご褒美として、給料日に行っちゃうか~!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

女性向け風俗にハマった“女芸人”の告白! 「きっかけは高橋由伸似の“神ワザ”」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラムのニュースならサイゾーウーマンへ!