『副業愛人』著者インタビュー・前編

「援助交際と一緒にするな」「どれだけ金を引っ張れるか」愛人とは違うパパ活女子の意識とは?

2019/04/27 14:00
千葉こころ
副業愛人: 年収300万円で囲えるオンナの素顔28 』(徳間書店)

 SNSの普及により、手軽に男女が出会える昨今。若い世代の女性を中心に、富裕層の男性と食事やデートをする対価として金銭援助を受ける「パパ活」がひそかなブームとなっている。パパ活を行う女性のSNS投稿からは、かつて“オンナ”を売って囲われていた「愛人」や、セックスと引き換えに金品をもらう「援助交際」とは「一緒にしてくれるな」というプライドのようなものを感じる。その一方で、肉体関係有りきの関係が蔓延している様子も垣間見られ、実際のところ、愛人・援助交際との境界線は曖昧に思える。一体、彼女たちは“パパ活”をどのように捉えているのだろうか? そこで、2月に発売された『副業愛人 年収300万円で囲えるオンナの素顔28』(徳間書店)で、1回のセックスにつき、1万円弱という安い手当で副業的に愛人を行う女性たちの実態に迫った著者・中山美里氏に、パパ活女子の自意識について見解を伺った。

■“月極愛人”から“都度払い愛人”へ
――『副業愛人 年収300万円で囲えるオンナの素顔28』を執筆されたきっかけは?

中山美里さん(以下、中山) もともとは雑誌の企画だったのですが、取材を進める中で、昔はひと月何十万円みたいな“月極”が主流だった愛人のお手当が、最近は、会うたびにお金をもらう“都度払い”に変化していることを知りました。都度払いだと傍から見れば個人売春と変わらないのに、本人は愛人というスタンスでやっている。そこの自意識や世間の認識とのギャップに興味を惹かれたんです。しかも、会ってみたら、愛人のイメージによくある“女のプロ”みたいなオーラも漂っていない普通の女性が、ほかに仕事を持ちながら副業的に愛人をやっているんですよ。それも面白くて、同じような女性を探して話を聞いていきました。

――“愛人”というと、日陰の女みたいな淫靡なイメージがありましたが、今時は違うんですね。

中山 カジュアルで、あっけらかんとやっている女性が多い印象はありますね。昔の“耐え忍ぶ女”みたいな愛人感はなくて、仕事はしているけれど、男性からもお金を引き出してワンランク上の生活を送りたいといったような、たくましく、したたかな感じです。だから、どっぷり愛人業に浸らず、いつでも身を引ける状態をキープしながら、ゲーム感覚で「どれだけお金を引っ張れるか」みたいな面白さを感じていたり、良い男がいたらすぐに愛人をやめて結婚してやるといった変わり身の早さがあったり。女性の生きる力強さを感じます。

副業愛人
インスタグラマーが怪しく見えてきた!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「援助交際と一緒にするな」「どれだけ金を引っ張れるか」愛人とは違うパパ活女子の意識とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー援助交際のニュースならサイゾーウーマンへ!