オンナ万引きGメン日誌

資産家の万引き老人は、万札を放り投げた! 「地位の高い人ほど謝罪しない」現場のリアル

 こんにちは、保安員の澄江です。

 先日、東京都豊島区東池袋4丁目の都道にて、87歳の男性が運転する暴走車が通行人を次々とはね、3歳の女の子と31歳の母娘2人が死亡、8人の方が重軽傷を負うという痛ましい事故が発生しました。加害車両を運転していた人物は、国から勲章まで授与されている元高級官僚の方。これほどの事故を起こしておきながら、身柄を拘束されなかったことから、「上級国民だから逮捕されないのではないか?」などと疑問を覚えた人も多いようです。

 それよりも私が驚いたのは、事故後まもなく息子に電話をかけて、自身のホームページやSNSアカウントを削除するよう指示していたというネット上のウワサです。自宅の電話まで解約させていたという話もあり、耳にしたときは、随分と手際のいいおじいさんだなと感心しつつも、その素早い対応には嫌悪感を覚えました。しかし、この情報は現状、真偽不明とのこと。加害者が、事故原因を車両故障によるものだと訴えていたという報道があり、「事故直後から保身に走った」と感じた人が多かったことから、こうしたウワサが爆発的に広まったのではないかと思われます。被害者やご遺族の心情を思えば、やはり「自分が悪いのではなく、車が悪い」とする加害者の姿勢は、許容できるものではないでしょう。

 万引きの現場では、地位の高い人ほど犯行を否認し、謝罪することなく居直る人が目立ちます。今回は、悪質な手口を用いて犯行に及んでおきながら否認に徹する資産家万引き老人の末路について、お話ししていきたいと思います。

 あれは、2年ほど前の、冬の日のことでした。当日の現場は、東京の中でも1、2を争うと揶揄されるほど治安の悪い街にある生鮮食品スーパーS。店内に大きな生簀を有し、月に一度はマグロの解体ショーを実施するようなタイプのお店で、生鮮食品のほかにも、さまざまな食品を扱う地元の人気店です。ここは、私たちでいう「固い現場」(必ず結果が出せる現場)の一つなので、残業を避けるべく、早目の捕捉を目指して巡回を始めます。

 店内の警戒を始めてまもなく、冷蔵棚の脇にフックで下げられた無料のビニール袋を、必要以上にむしり取る70代と思しき男性が目につきました。男性の着衣は小奇麗ながらも全身がグレー系で統一されており、その顔つきを含めて、どことなくネズミを彷彿させる雰囲気です。「ネズミ男」と、勝手にあだ名を付けて行動を見守ると、ネズミ男は複数のビニール袋をカート上のカゴに入れて歩き出し、刺身コーナーで中トロ刺のパックを手に取りました。それをビニール袋に詰めてカゴの中に放り込むと、続けてホタテのパックを手に取って、同様の動作を繰り返します。客を装いながら、冷蔵棚に並ぶ刺身の値札を確認すれば、ネズミ男が手にした「クロマグロ(天然物)」の中トロ刺は1,600円ほどで、国産のシールが貼られた大粒の生ホタテは1,280円でした。高額な刺身は、どこの商店においても頻繁に万引きされています。そのなかでもマグロは、一番盗られているだろう人気商品と言え、俄然目の離せない状況になりました。

(ちゃんと買うのかしら?)

 そんな思いを抱きながら遠巻きに追尾を続けると、食パン、牛乳、ヨーグルト、チーズなど複数の商品を棚取りしたネズミ男は、刺身のパックと同じように、その一つひとつをビニール袋に詰めてからカゴに入れていきます。カゴの中を覗くと、精算が済んでいるように見え、このままサッカー台に持ち込まれてしまえば、簡単に持ち去られてしまう状況と言えるでしょう。

 すると、売場の片隅にカートを放置したネズミ男は、誰もいないレジ列を抜けて、サッカー台の傍らにあるワゴンに積まれた梱包用のダンボールを手に取りました。そして、先ほど放置したカートのところまで引き返すと、手にあるダンボールをカゴの上に被せて歩き始めます。その足先は出口の方に向いており、もはや精算する気配はありません。

万引き老人 「貧困」と「孤独」が支配する絶望老後/伊東ゆう(著者)
万引きしといて「わかんないよ」はお手上げですな

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

資産家の万引き老人は、万札を放り投げた! 「地位の高い人ほど謝罪しない」現場のリアルのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! オンナ万引きGメン日誌のニュースならサイゾーウーマンへ!