きぬた泰和先生インタビュー

整形男子アレンもボロボロに!? セラミックやジルコニア、人工歯トラブルの実態をきぬた歯科解説

2019/04/21 16:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman

美容目的のスピード矯正もリスクあり

「差し歯にした結果、歯が弱くなり、抜歯適応となった患者さん」の画像(2)

――先生の話を聞いていると、安易に見た目のために健康な歯を削るべきではないと感じます。

きぬた そうですよね。でも、リスクを背負ったとしても、芸能人の方など「どうしても今、歯を綺麗にしなければいけない」という人はいると思います。じゃあ、どうするのか。僕だったら、神経を抜かないで、元の歯をサメの歯のように小さく削らないようにします。そして、ジルコニアではなくセラミックを使います。強度を不安視されるかもしれませんが、最近のセラミックは硬くなっていますし、その半面、先ほど言った通り、負荷がかかったときは、欠けることでちゃんと“警告”してくれるんです。そして、そのセラミックを「仮止め」します。今はいろいろな種類の接着剤があるので、仮止めといっても日常生活にはまったく問題はありません。また、自分の歯の表面に、0.5mmくらいの厚さでセラミックを貼り付ける「ラミネート」という方法もあります。それだけだと剥がれ落ちてしまうことがあるので、歯の裏側にも少しだけセラミックを引っ掛ける方法もあるんです。刺青と同じで、今はいいけどのちのち後悔することがあると思うので、このような“引き返せる”治療を選ぶのが大事なんですね。

――美容目的の治療で、健康な歯の神経を抜いたり、小さく削ることで、将来的に自分の歯がなくなってしまうのは怖いです。

きぬた 歯がなくなったり入れ歯になると、ものを噛んでも脳に刺激がいかず、認知症のリスクが上がるという話もあるので、確かに怖いですよね。ただ、インプラントにすればその心配はありません。インプラントは、口腔内の骨に人工の歯根を作り、その上に新しい歯を作るという方法で、もしアレンさんも歯根がダメになったら、最終的にはインプラントにすることになるでしょう。

 最近では、それ以外に美容目的で「スピード矯正」を謳う歯科医院で治療を受ける女性もいますが、実際の矯正と違い、噛み合わせをあまり考慮せずに、綺麗に並んだセラミックを短期間で、ケースによっては 1日で被せてしまうため、以前からトラブルがささやかれています。その人それぞれのケースによるので一概には言えませんが、怖いですよね。そういった心配のない一般矯正や舌側矯正、最近ではマウスピース矯正が人気になっているようです。美容目的で歯科治療をする人は、そのリスクをしっかり考えた上で臨んでほしいと思います。

きぬた泰和(きぬた・やすかず)
日本歯科大学新潟生命歯学部卒。東京・八王子のきぬた歯科/インプラントセンター八王子院長。都内をはじめ神奈川、埼玉のあらゆる場所に設置される「看板」が話題に。好きな言葉は「すべての業には時がある」。
公式サイト

最終更新:2019/04/21 16:00
歯列模型 上下顎 歯の発達模型 乳歯&永久歯 4636
「看板以外での取材は初めてです」ときぬた先生

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

整形男子アレンもボロボロに!? セラミックやジルコニア、人工歯トラブルの実態をきぬた歯科解説のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー歯科のニュースならサイゾーウーマンへ!