インタビュー対談【後編】

「高校生は妊娠しちゃダメ」は本当なのか? 性教育の“当たり前”を考え直すことの可能性

2019/03/31 18:30
末吉陽子

のじま なみさん

――どんな選択をするにしても、それが苦しみや悲しみを伴う選択にならないために、まずは家庭で臆せずに性の話ができる環境づくりから始めるべきかもしれないですね。

のじま そうですね。シビアなテーマも自然と語り合えることが望ましいと思います。性教育に段階をつけるとしたら、セックスの話は8合目です。その後に、妊娠、感染症、エイズ、レイプについて語る必要があります。これらは、普段から家庭で性の話をしているからこそ、ハードルは低くなるのです。今の日本では、漫画とかネット媒体、アダルトビデオから性を知って育ちますが、その中に「巨根神話」「イクイク神話」というのがあって、問題だと思っています。男性は「おちんちんが大きくないとダメ」、女性も「イケないのは不感症?」「演技をしなきゃ」と思い込んだり……これは、セックス離れが進む原因にもなっていると感じますね。

西出 最近、ボランティアで「命育」という新しいサイトがローンチされましたが、かわいくて見やすく、性教育にまつわる具体的な質問に対して、監修に入っている助産師さんが答えるというコンテンツが充実しています。私はこうしたサイトのように、学校の性教育だけでなく、いろいろな組織や団体がちょっとずつ性教育のあり方を変えていけたらいいのかなと思います。

のじま そうですね。そのときに大事にしてもらいたいのは、プラスの性教育とマイナスの性教育、両方を教えるということ。防犯やHIVや中絶はマイナスなので、愛や恋愛などプラスの性教育も必要です。そうじゃないと子どもは、性を恐怖だけで受け取ってしまい、バランスに欠いてしまいます。そうやって地道な積み重ねで、20年後に日本の性教育が世界から一目置かれるようなものに発展していくことが理想ですね。
(末吉陽子)

最終更新:2019/04/02 19:24
赤ちゃんがやってくる! パパとママになるための準備カンペキBOOK
日本の性教育はきっとどんどん変わっていく

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「高校生は妊娠しちゃダメ」は本当なのか? 性教育の“当たり前”を考え直すことの可能性のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!