知られざる女子刑務所ライフ58

刑務所でインフルエンザが大流行したワケ――元女囚が考えるムショの環境

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■名古屋刑務所で300人がインフルエンザに感染

 はやってますねえ、インフルエンザ。読者の皆さんは大丈夫ですか? 予防接種をしていても、かかる時はかかるそうで、私はラウンジを経営しているのでヒヤヒヤです。インフルに限らず、調子が悪い時は休めればいいんですけど、そうもいきませんしね。

 なんて思ってたら、メイケイ(名古屋刑務所)のインフル大感染が話題になりました。もうだいぶ収まってるようですが、受刑者約200人、職員約100人の計300人ほどがインフルにかかってたんですね。なんと受刑者全体の1割、職員全体の2割に当たるそうで、かなりごついです。

 とはいえ100人を超えたことは2015年にもあったそうで、ホンマはもっとあったんちゃうかなーと(笑)。施設の規模が大きければ大きいほど、関わる人も増えるから、感染も広がりますね。

■シャンプー後に髪が凍っても風邪知らず(笑)

 私がムショにいた頃は、表立った大感染はなかったです。もちろん風邪をひいたり、じんましんが出たりなんかはしょっちゅうでしたけど、ノロウイルスや食中毒騒動も特になかったですね。

 とはいえ「あの環境」で、よう無事やったなあと今は思います。暖房は最低限で寒いのはもちろんなのですが、部屋が狭くて「人と人の距離」が近いですからね。インフルはせきやくしゃみでうつるから、同房でゴホンゴホンやられたらイッパツだそうですよ。マスクは必需品です。

 あと、空気が乾燥していると、ウイルスが活発にあっちこっち飛ぶそうです。加湿器があればいいみたいですけど、そんなもん、あるわけないし。もちろん、ドライヤーもありません。シャンプーした後、みんなそのままなので、冬なんか翌朝は髪が凍ってました。これがインフル予防にはよかったのかも……そんなわけないですね。

 今思えば、インフルより肺炎のほうが怖い環境でしたが、誰もかかっていませんでした。ムショにはイジメもあって、「ヘンな緊張感」が漂っているので、風邪とかもひかなかったのかもしれません。名古屋の場合は、とにかく大所帯やからヘンに緊張しすぎて、みんな疲れてダウンしたのかも(笑)。

300人ってすごい数

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

刑務所でインフルエンザが大流行したワケ――元女囚が考えるムショの環境のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!