[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐・大野智、休止考えた「3年前」に相次ぐ推論――“熱愛報道”に見た“異例な対応”とは

ファンはパグを乗り越えたんだよ?

 嵐・大野智が会見中に明かした「3年前」について、各メディアがさまざまに予測している。主に伝えられているのは、やはり2015年9月に「フライデー」(講談社)が報じた夏目鈴との“半同棲愛”報道で、これが布石となり、大野の「自由な生活がしてみたい」発言につながったのでは、と言われているようだ。

「大野は会見で、活動休止を考え始めた具体的な時期について『だいたい3年くらい前から』としているように、その時期に何かしらの要因があったことが推察できる。なかには『他メンバーをかばっているのでは』といった声も出ていますが、事務所や本人周りを取材している限り、やはり今回の発表に至ったのは、大野自身の心境の変化が、すべての根底にあると言えるでしょう」(週刊誌記者)

 3年前の大野と夏目の報道で、ジャニーズは異例の対応を行った。所属タレントは、基本的に熱愛報道があっても公には対応を行わないが、大野に関しては、一部の取材に謝罪までみせていた。

「当時、コンサート『ARASHI BLAST in Miyagi』を開催する直前での報道でした。そんな中、ジャニーズサイドは公演前に各スポーツ紙に取材の時間を設けており、大野はその場で『(夏目とは今後)一切会うことはございません』と明言。騒ぎを起こしたことを謝罪しています」(テレビ局関係者)

 嵐では、松本潤、二宮和也など、交際を報じられているもののスルー対応を続けるメンバーもいるが、なぜ大野に関しては取材で謝罪という展開を迎えたのだろうか。

「取材を受けた時点で『破局』していることが、他メンバーとは大きく違っていました。交際中ならともかく、すでに別れているのなら、本人にそれを明言させたほうがファン離れも食い止められるという判断でしょう。言うまでもなく、熱愛報道はグループの人気低迷に直結するんです。大野のときも、ジャニーズサイドは『フライデー』に『ファンが減った』と激怒していたので、ファンの流出に焦っていたはず。あの異例の取材対応が実現したのは、そうした焦りと計算があったと考えられますが、それが活動休止につながってしまったとしたら、なんとも皮肉な結果とも言えます」(同)

 現状、この件についてジャニーズサイドは「会見で話したことがすべて」と周知しているというが、大野の本音が今後、メディアを通じて発信されることはあるのだろうか。

最終更新:2019/01/29 20:59
ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」(Blu-ray通常盤)
心中はいかばかりか

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

嵐・大野智、休止考えた「3年前」に相次ぐ推論――“熱愛報道”に見た“異例な対応”とはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ大野智のニュースならサイゾーウーマンへ!