知られざる女子刑務所ライフ55

覚せい剤が取り締まり強化で「品薄」!? 元女囚が読む、シャブ業界の年末事情

2018/12/30 16:00

シャブとオレオレ詐欺だけが資金源

 もうひとつの原因に、暴力団排除もあります。今どきのヤクザは暴排のせいで合法的な商売どころか銀行の口座も持てませんから、薬物かオレオレ詐欺、密漁くらいしかシノギがありません。

 そこで、警察とマトリは、ヤクザの薬物の捜査を厳しくしているんですね。でも、シャブの取り締まりを厳しくしたところで、ヤクザは半グレを使って危険ドラッグを扱ったりするだけですから、捜査も簡単にはいきません。そもそも純粋な覚醒剤より乾燥剤や興奮剤の入った危険ドラッグのほうが「危険」ですしね。

 ざっくり言うと、警察やマトリの捜査が厳しいことと、海外からの密輸が減っていることで、世の中に流れる覚醒剤が減っている……ゆうことになりますが、それで「いい世の中」になるかどうかは、また別の問題です。

 まずシャブが品薄で高騰しているために、窃盗や強盗が増えます。「『覚醒剤買うため』」盗み400件 男女6人を摘発」(12月20日・産経新聞)などの事件が増えています。もちろん売春をしてシャブを買う人もいてますが、そういう違法なことをしたお金でシャブを買う傾向が強くなっているようです。

 今の私は、昔の知り合いから「シャブを回してくれるとこ、ない?」って聞かれても協力できません。「この機会にやめれば?」と言っても、なかなか難しいですね。

中野瑠美(なかの・るみ)
1972年大阪・堺市生まれ。特技は料理。趣味はジェットスキーとゴルフ。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などへの出演でも注目を集める。経営するラウンジ「祭(まつり)」

※この連載が本になりました!
女子刑務所ライフ!』(イースト・プレス)発売中です。

最終更新:2018/12/30 16:00
女子刑務所ライフ!
「4キロ体に貼り付け」って、筋トレじゃあるまいし

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

覚せい剤が取り締まり強化で「品薄」!? 元女囚が読む、シャブ業界の年末事情のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 覚せい剤知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL