ジャニーズ研究会
【Jトピ!人気記事】

ジャニーズにとって2018年は「今後のために必要な1年」だった――不祥事・引退・休養がもたらした大きな“変化”

 2018年、TOKIO・山口達也さんの不祥事・退所、関ジャニ∞・渋谷すばるさんの脱退・退所、NEWS・小山慶一郎さんの芸能活動自粛など、ジャニーズ界隈ではいろいろなことがありました。どちらかというとマイナスなニュースが多かった気がしますが、そんな中で明るい話題といえば、King&Princeのデビューでしょうか。やっぱりデビューするグループって勢いがあって、見ていて楽しかったんですが、年末にさしかかろうという時期に発表されたのが、岩橋玄樹さんの休養でした。その直後、Sexy Zone・松島聡さんの休養も発表されて、古くからのジャニーズファンとしては、ちょっと複雑な思いです。

 というのも、2人が発症したパニック障害は以前、KinKi Kids・堂本剛さんがジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内でひっそりと公表していましたが、休養は(表向き)していませんでしたよね。だから、仕事が休めるようになったことはすごくいいことだと思いますし……

■続きを読む

最終更新:2018/12/31 17:00

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャニーズにとって2018年は「今後のために必要な1年」だった――不祥事・引退・休養がもたらした大きな“変化”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!