源太が張り切りすぎている

ジャニーズファン公言の青木源太アナ、日テレ内での“ジャニ活”が上層部から総スカン!?

『バケット』(日本テレビ系)公式サイトより

 レギュラーMCを務めた『PON!』(日本テレビ系)で、大ファンだというジャニーズタレントの取材に精を出し、すっかり日テレの“ジャニーズ担当アナウンサー”となった青木源太アナ。すでに売れっ子のデビューグループだけでなく、若手のジャニーズJr.も積極的に取り上げ、その半面、タレントの私生活には踏み込まずに、しっかり一線を引くという姿勢は、多くのジャニーズファンから称賛を浴びている。しかし局内では、青木アナの“ジャニ活”に、眉をひそめる関係者も少なくないという。

 かねてから“ジャニーズファン”を公言する青木アナ。同じジャニーズファンの間では多くの支持を得ており、その影響もあってか、先ごろオリコンが発表した2018年度の「好きな男性アナウンサーランキング」では、フリーの羽鳥慎一に次いで2位を獲得した。

「ヘタに女性アナがジャニーズ担当のような立ち位置になると、ファンから反感を買いかねません。その点、同性の青木アナだと波風が立たなくて済みますし、何より彼は、ジャニーズ事務所から信頼されているんです。ただ、ここ最近の青木アナはジャニーズ絡みの仕事を得ようとする“ジャニ活”が著しく、局内からは疑問視する声が噴出しているといいます」(日テレ関係者)

 青木アナの問題行動とは、各番組プロデューサーらに対する“営業活動”なのだという。

「近頃、青木アナは、別部署であるバラエティ番組の役職付きスタッフに対して、『自分は誰よりもジャニーズに詳しい』『ぜひ番組で使ってください』などと、積極的に売り込みをかけているんです。見方によっては“仕事熱心”ですが、飲みの席ならまだしも、勤務中に局内でここまで露骨な売り込みをするアナウンサーはいないだけに、青木アナを引き気味に見る局員も存在しています」(同)

 この年末には、青木アナが“営業先”を拡大しているらしいとの情報が、局内で飛び交うように。

「所属する日テレを飛び越えて、系列の読売テレビや中京テレビのプロデューサーにまで、営業を仕掛けているとか。ここまでくると、最初は笑って見ていた日テレ上層部も、『さすがに目に余る』『誰か注意した方が……』と漏らしているそうです」(同)

 青木アナは今月15日にTwitterに「元日のTOKIO×嵐楽しみだな~!でもアナウンサーとしてはいつか番組にちゃんと関わって盛り上げることを目標にしなきゃ!もっともっと頑張ろう、自分!」と投稿するなど、周囲の困惑もどこ吹く風。果たして、青木アナの“ジャニ活”は実を結ぶのだろうか。

最終更新:2018/12/24 08:00
A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour(Blu-ray初回限定盤)
源太……A.B.C-Zへの興味のなさは見直して

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャニーズファン公言の青木源太アナ、日テレ内での“ジャニ活”が上層部から総スカン!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ日本テレビアナウンサーのニュースならサイゾーウーマンへ!