業界の裏側に迫る

ディズニー裁判、お化け屋敷ブームの弊害……2018年「テーマパーク業界」4大トピック

2018/12/30 19:00

【今後の展望】苦戦中のレゴランドは「低予算イベント」が活路?

レゴランド公式サイトより

 これほど競争の激しいテーマパーク業界であるが、新規参入はまだまだ続いている。最近の日本の新設(また新設予定の)テーマパークといえば、17年開業の愛知県名古屋市・レゴランド(17年開業)、18年開業の東京都渋谷区・JOYPOLIC VR SHIBUYA(ジョイポリスVR渋谷)、19年開業予定の埼玉県飯能市・ムーミンビレッジ、20年開業予定の愛知県名古屋市・キッザニア名古屋。特に注目したいのが、レゴランドとムーミンビレッジである。両者の共通点は、すでに世界的な人気と知名度、そしてブランド力があるものの、日本ではそこまでの人気はないことだ。

 まずレゴランドだが、各報道でもあるように、今のところ苦戦しているようである。ディズニーは、混みすぎて「アトラクションに乗れなかった」「ショー・パレードを見られなかった」「あれを食べられなかった」という悔しさにより、リベンジリピートする人が多いのだが、一方でレゴランドは、待ち時間が短いため、その作戦は通用しない。同じ乗り物で何回も客をリピートさせるのは難しいだろう。そこでUSJのV字回復の要因となった“低予算のイベント”をたくさん実施したらどうだろうか。

 ムーミンビレッジは今後どうなるか気になる。「レジャージャパン」で、「ムーミンビレッジパーク」を運営する株式会社ムーミン物語の副社長の講演が行っていた。なんでも、ムーミンビレッジは「何もしないということをしに行く」のがコンセプトだという。そしてキャラクターグリーティングを多く導入するといい、これは人気が出るだろうと予測される。

最終更新:2018/12/30 19:00
るるぶレゴランド® (るるぶ情報版目的)
レゴランド、あんた頑張りどきだよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ディズニー裁判、お化け屋敷ブームの弊害……2018年「テーマパーク業界」4大トピックのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ