大人の事情を感じさせます

Koki,、“シネマアワード受賞”の怪――「とんだ茶番」「映画出てないのに?」と批判の渦

 今月26日、木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,が「エル シネマアワード2018」(以下、シネマアワード)で「エル・ガールライジングスター賞」を受賞した。ネット上では祝福の声が上がる一方、「もはや何でもあり」「とんだ茶番劇」と呆れた声が噴出している。

「Koki,が受賞したのは“今後の活躍が期待される女性に贈られる”賞だそうです。ただ、今年で4回目となった同賞を、映画出演のない人が受賞するのは初めてということもあり、ネット上では『映画出てないのになぜ?』『さすがに無理がある』『審査基準どうなってるの?』といった、疑問の声も見受けられます」(芸能ライター)

 あくまでも“今後の活躍が期待される”ということだけに、映画出演の経験がなくても受賞資格はあるのかもしれないが、「賞の名前に“シネマ”という言葉が入っているだけに、Koki,の受賞に違和感を覚えた人がいるのは当然でしょう。ほかの賞は映画に関するものばかりで、今年は『エル ベストアクトレス賞』に女優の寺島しのぶ、『エル メン賞』に俳優の東出昌大、『エル ベストディレクター賞』には三島有紀子監督と、錚々たる映画人が選ばれています。ネット上ではKoki,に対して『俳優や女優も敵に回したね』『賞の価値が下がった』といった声も上がっていました」(同)という。

 また、授賞式に出席したKoki,は「もっともっと経験を重ねて、いろいろキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」とコメント。しかし、5月に「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)の表紙を飾って、華々しくデビューしたKoki,だけに「出来レースでしょ」「ただのゴリ押し」と揶揄する声も出ている。

 さらに、今回Koki,が身に着けていたピンクのロンググローブに注目した人も多かったようだ。

「Koki,は黒色のドレスにピンクのロンググローブをはめていたのですが、一部のネットユーザーから、キッチンやトイレ掃除などで使用するピンクのゴム手袋に見えると指摘され、『それは正解なの?』などとツッコまれていました」(同)

 ファッション誌のモデルデビューに留まらず、ブルガリやシャネルという高級ブランドのアンバサダーに就任し、CM出演も果たすなど、目まぐるしい活躍をしているKoki,。いつか、誰しもを納得させられる功績を残し、堂々と“受賞”してもらいたいものだが……。

パリコレモデルがはめたってゴム手袋に見えるわ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

Koki,、“シネマアワード受賞”の怪――「とんだ茶番」「映画出てないのに?」と批判の渦のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報二世タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!