インタビュー

「セックスしない夫婦は今後も増え続ける」精神科医・阿部輝夫氏が語る日本の“セックスレス問題”

セックスで感じなくても困らない女性が増えた?

―― 一口にセックスレスと言っても、その人それぞれに、さまざまなケースがあることがわかりましたが、セックスレス夫婦が増加の一途をたどる社会的背景について先生はどのように思われますか?

阿部 深夜まで営業している店の増加や、ネットの普及などで、セックス以外に楽しいことが増えていることも一因かもしれませんね。また、“草食男子”という言葉が定着するほど優しい男性が増えている印象がありますが、例えば女性が「痛い」と言ったら、すぐにやめてしまうような人も多いようです。本来なら、コミュニケーションを取りながら、セックスを継続できるように工夫していくものですが、そのコミュニケーションを面倒に感じてやめてしまうという。それこそネットで簡単にエッチな画像や動画が手に入るから、マスターベーションで十分と感じていたりする男性が増えていることも、セックスレスに拍車をかけているのかなと感じます。ただ、一方で、女性遍歴何百人とか、風俗大好きとか、セックスフルな男性もいて、両極端な印象もあります。程よい中間層が少ないんです。男性側の話になってしまいましたが、この両極端という傾向は、女性にも見られることです。

――セックスレスの増加に伴って、相談件数も増えているのでしょうか?

阿部 うちのクリニックの相談件数でいえば、減っていますね。もしかしたら、セックスレスでも問題ないと感じている夫婦が増えているということなのかもしれません。以前はオルガズム障害で受診する女性も多かったのですが、近年はほとんどいなくなりました。感じない女性がいなくなったのかもしれませんが、恐らく、感じなくても困らない女性が増えたということの表れなのでしょう。

――今後、セックスレス夫婦の増加が止まったり、減少に転じたりする可能性はあると思いますか?

阿部 どうでしょうか……。最近の傾向を見ていると、「それでもいい」とセックスレスを問題視していない人が増えているようですし、恐らく日本では、セックスレス夫婦は増えていくんだろうと思います。「子どもがほしいけどセックスレス」という夫婦も、医療の力に頼るようになっているみたいですから。「セックスで人生が豊かになる」という視点は、どんどん減っていきそうですね。その夫婦の価値観だから、両者が納得していれば、何もお節介しなくていいとは思います。ただ本音を言えば、セックスレスによって少子化が進み、いずれ労働人口が減って、日本が成り立たないようになったらと思うと、寂しいかなとは感じてしまいますけどね。
(取材・文=千葉こころ)

阿部輝夫(あべ・てるお)
1944年宮城県生まれ。順天堂大学医学部卒。医学博士。順天堂大学精神科助教授、米・コーネル大学精神科Human Sexual Program研究員、順天堂大学付属浦安病院勤務を経て、96年に「あべメンタルクリニック」を開業、同院長。

最終更新:2018/11/29 19:30
セックスレスの精神医学 (ちくま新書)
セックスレスについて今後も追っていきます

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「セックスしない夫婦は今後も増え続ける」精神科医・阿部輝夫氏が語る日本の“セックスレス問題”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!